安慶

安慶 観光案内

都市の基本情報:安慶市は中華人民共和国安徽省に位置する地級市。安慶市は安徽省南西部、長江沿岸に位置する。北西部に安徽省・湖北省・河南省の境をなす大別山の山岳地帯があり、北は六安市、北東は巣湖市、西は湖北省鄂州市、長江..

人気エリア: 合肥 安慶 蚌埠 毫州 巢湖 阜陽 淮南 黃山 九華山 九鞍山 宿州 天柱山 蕪湖 滁州 六安 銅陵 池州 淮北 広徳 貴池

観光 ランキング: 司空山 菱湖风景区 桐城古城区 振风塔 桐城派陈列馆 朱光潜故居 浮山 桐城文庙 告春及轩 啖椒堂及左公祠

安慶地図検索

安慶 基本情報

安慶市は中華人民共和国安徽省に位置する地級市。安慶市は安徽省南西部、長江沿岸に位置する。

北西部に安徽省・湖北省・河南省の境をなす大別山の山岳地帯があり、北は六安市、北東は巣湖市、西は湖北省鄂州市、長江の対岸は、東は銅陵市、南東は池州市、南は江西省九江市と向かい合っている。長江沿岸は非常に多くの湖がある。

安慶は有史以前から人類が暮らしていた。近年の考古学調査で多くの新石器時代の遺跡が出土し、中でも有名なものは潜山県・薛家崗の遺跡であり、薛家崗文化の基準遺跡となっている。

安慶は秦代には九江郡に属し、西漢時代は廬江郡皖県であった。魏晋南北朝時代初期(三国時代)には晋煕郡懐寧県となり、現在の安慶市区と懐寧県山口鎮付近に、それぞれ呂蒙城と皖口城が置かれ、長江北岸の重要な軍事要塞であったが、戦乱の時期が過ぎると放棄された。隋代には同安郡、唐から北宋の時代には舒州と呼ばれた。

2003年の市内の国内総生産は323億6000万元、一人当たりで5,352元であり、沿岸部とは差がある。また、経済成長でも、工業・港湾貿易中心の市区部と農業中心の周辺の県では不均衡が存在する。

市の主産業は第1次産業で、農業では周囲の山にある茶畑からの茶が主要産品である。工業は繊維産業・電機製造が中心で、低調な国営企業に代わり民営企業の発展や外資の進出があり、輸出先は日本や米国などとなっている。主な企業は紡績大手の華茂グループ、大型石油化学工場・安慶市石化廠などである。

安慶 交通情報

  航空:安慶民航切符売りは市区菱湖南路175番に位置し、問い合わせ番号:5543848。

  水運:安慶港客运站在沿江中路7番に位置し、問い合わせ番号:5581857。

  タクシーの初乗りは4元。

  高速道路は、合肥とつながり九江や武漢へつながる合安高速公路が市域を貫通している。ほか、上海から合肥につながる滬蓉高速公路が市域をかすめている。長江を渡る安慶長江大橋も開通している。

  鉄道は合肥~九江の鉄道が1995年10月に開通し、長年の鉄道のない状態が終わりを告げた。

  鉄道の代わりに物流を担ってきたのが長江の水運である。有史以来長江を上り下りする船舶や渡し舟が安慶周辺を利用し、物資の集積場になってきた。現在でも長江の十大港湾に入り、5000トンクラスの船が着岸できる岸壁や石油など各種貨物に特化した岸壁、沿岸各地へ旅客を運ぶフェリー岸壁など、多数の埠頭がある。1997年以降整備された新しい港湾は、ISO標準の海上コンテナも取り扱うことができ、より便利になった。また1990年代後半以降外国船にも開放されており、安慶港から直接、国内や海外(日本など)へ船舶が行き来するようになった。

  軍用空港と共用の安慶空港があり、北京はじめ国内の主要都市数ヶ所に旅客機が定期運行している。

安慶 お問い合わせ

  腊八節(釈迦悟りの日):旧暦12月8日。旧暦12月は、中国では「腊月(ラーユエ)」と言われ、12月8日は、釈迦が悟りを開き、仏教を創立した日とされている。中国の江南地方・東北地方・西北地方では、この日にまつわる多くの風習が残っているが、南方では少なくなっている。「腊八粥」を食べるのが一般的。

  小年夜:旧暦十二月二十四、皆家に戻って、家族の人と一緒に「過新年(グゥシンニ)」。日本では、12月31日は大晦日、1月1日は正月。もちろん中国は大晦日と正月もあるけど、大晦日前の日も大切な日。それは「小年夜(ショウニィヤ)」と言う。

  大晦日:中国では、12月31日・大晦日の夜を「除夕」という。「除」という字は除去という意味で、「夕」は夜という意味である。つまり一年の最後の夜を送り、新しい年を迎える意味だ。大晦日は「除夕」のほか、「除夜」の「年夜」または「年三十」とも言われる。

  民間では、大晦日の数日前に大掃除をするが、大晦日の日に人々はもう一回掃除する習慣がある。これについて次のような伝説が伝わっている。昔、颛顼に1人のはふがいない息子がいた。この子は食いしん坊で怠けていて、いつもぼろな服を着たり、水のような薄いおかゆを食べたりする。ある年の大晦日の夜、寒さと飢餓で家の隅で死んだ。このため、毎年、大晦日の夜、人々は大掃除をする時、家のぼろな服や残ったご飯を全部捨てて、貧窮を避けるそうだ。

  大晦日の夜、よそで仕事をする人も家に帰り、一家団欒して、食事をする慣わしがある。

  そして、各地では、大晦日の夜の食事はそれぞれ異なっている。南方では、十数品の料理を作り、その中、豆腐と魚が欠かせないものだ。中国語では、魚は「富裕」の「裕」と同じ発音だからである。北方では、魚のほか、中国では[年糕]というおもちも欠かせないものだ。[年糕]の「糕」という字の発音は高いの「高」と同じで、新しい一年の生活がよくなるよう願う意味もある。

  大晦日の夜、古い年を送り、新しい年を迎えるには、皆が一緒にテレビを見たり、トランプを遊んだり、楽しく夜通しをする慣わしがある。

  春節:旧暦1月1日、中国で最も伝統的な祭日。旧暦を基準に設定されるため、新暦では、毎年該当日が変わる。中国の人々は、この期間に一週間の休日を取る。

  元宵節:旧暦1月15日、春節から15日が経つと、その年の旧暦でははじめての満月の日がやって来る。あちこちで灯籠を掲げ、仏を祭り、宴を開き、一家円満の象徴「元宵(あん入りのお団子)」がふるまわれる。

  龍抬頭節:旧暦2月2日、この頃はちょうど24節気の「啓蟄」にあたり、大地には春が戻り、気候は暖かくなる。民話のなかでは、冬を乗り切った龍が再び頭をもたげ、活動を開始する日だと言われてきたことから、この名が付けられている。中国北方地方では、この日に散髪をする習慣が残っているが、これは、自らの髪を龍に見立て、それを切ることによって自らのさらなる発展を祈念するところから来ている。一方、中国の南方では全く逆に、はさみなどの刃物をいじらない習慣があるが、これは「龍の体を傷つけてはいけない」という想いから来ているそう。

安慶 風俗習慣

  安慶バス駅:5513373

  湖濱バス駅:5514228

安慶 観光ホテル予約

安慶 観光ホテル

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號