北海観光スポット

北海基本情報

北海市は中華人民共和国広西チワン族自治区の地級市。清代に発生した新興港湾都市。市名は北部湾の北にあることに由来する。総面積3,337平方キロ、市区面積957平方キロ、総人口146.7万人(2003年末)。広西チワン族自治区南端、トンキン湾(中国では北部湾という)に面する。清の康熙初年に初めて北海の名が見え、嘉慶年間に市街が形成され始めた。1876年の中英烟台条約により開港場となった。今も当時の領事館や商社、教会などの西洋建築が残る。1949年12月4日人民解放軍が入城したが、当時は合浦県所属の鎮にすぎなかった。1951年1月広東省の省市轄となったが、同年5月広西省の指導に委託され、1952年3月正式に広西省に帰属した。1955年5月には再び広東省に改められ、1956年には県級市に降格された。1958年にはさらに合浦県北海人民公社となったが、1959年鎮となり、1964年には県級市を回復、1965年6月再び広西に帰属した。1982年観光対外開放都市となり、1983年10月地級市の地位を回復した。1984年4月にはさらに対外開放された沿海都市となり、1987年には合浦県を併合している。

ご注意: 南寧観光ご意見、ご質問:0771-2821623*3184桂林観光ご意見、ご質問:0773-2800315北海観光ご意見、ご質問:0779-2051091

北海観光情報

北海観光楽地図

北海観光案内

  • 銀タン

    銀タン

    紹介北海銀タンは北海市東南面に位置し、市中心10キロ余を離れている、陸地面積22平方キロメートル上達している。北海銀タンは1992年国家観光リゾートに例し、また「王位観光スポット」に選ばれた。「天下第一タン」..

  • 英羅のマングローブの森

    英羅のマングローブの森

      紹介  英羅のマングローブの森は合浦県東南部の砂田半島の東西両側に位置し、北海の市区まで115キロメートルの距離があり、海岸線の長さが50キロメートルで、総合面積が80平方キロメートルである。合浦県山口..

  • 北部湾広場

    北部湾広場

      紹介  北部湾広場は都心に位置し、最も北海の特徴を持つ都市の広場である。このような設計は北海の現代化の新しいイメージを十分に表し、鮮明な開放の特色を持ち、その同時に、歴史伝統の建物を保留して利用し..

  • 北海海洋の窓

    北海海洋の窓

      紹介  北海海洋の窓は中国の豊かで綺麗な北部湾に位置し、風景区の面積が2.1ヘクタールで、建築面積が18100平方メートルである。神秘の大海、太古の海洋、タイムトンネル、サンゴの海、海の隅、夢幻の海洋、..

1 

広西周辺観光ホテル

北海 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號