飛来峰

飛来峰

飛来峰写真

飛来峰

観光地の情報:   紹介  飛来峰は霊隠寺の傍にある、杭州を代表する風光明媚な場所。風景が美しいだけでなく、青林洞、..

観光地の入場券:  飛来峰入場券及び開放時間  入場券:35元/人。  開放時間:7:00-17:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

飛来峰観光地図

飛来峰をご紹介

  紹介

  飛来峰は霊隠寺の傍にある、杭州を代表する風光明媚な場所。風景が美しいだけでなく、青林洞、王乳洞など谷間に沿った洞窟の中に五代から宋、元代にかけての石像330体あまりが残されている。その中でも石窟内最大の弥勒像はぜひ見ておきたい。宋代に造られた、芸術性の高い仏像である。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

飛来峰の特色

  特色

  飛来峰は中国禅宗十刹の一つ。326年にインドから来た慧理が開いた寺で、彼がここは「心霊が隠れ住むところ」と思われ、霊隠寺と名づけられたという。飛来峰は慧理によるとインドから飛んできたもので、もともとは霊鷲山中の小峰だったそう。飛来峰の山腹には無数の洞窟があり、ここに五代、宋、元の石仏338体が彫られている。

  飛来峰は標高160m、2つの大きい山の間にそびえる石灰岩の岩山。山中には72個の洞窟があり、五代十国時代から彫られた石像が338体も残っている。また、霊隠寺の開山僧である彗理の仏舎利塔もある。

  青林洞は飛来峰で一番大きい洞窟で、入口上部に勢至菩薩、観音菩薩、阿弥陀如来の像が彫られ、飛来峰のなかでは最大級の仏像だ。飛来峰にある338尊の摩崖仏のなかで一番有名な仏像は、ふくよかで、朗らかな姿を見せ、口を大きく開いて笑っている弥勒菩薩の像。

飛来峰の入場券

  飛来峰入場券及び開放時間

  入場券:35元/人。

  開放時間:7:00-17:00。

飛来峰の交通

  歩き方

  7、807、游1、2、4路に乗る。

飛来峰 観光ホテル

飛来峰 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號