清河坊

清河坊

清河坊写真

清河坊

観光地の情報:   紹介  河坊街は、杭州の歴史上、最も有名な商店街。現在の面積は13.66ヘクタール、エリアには元の時..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:40元。  開放時間:09:00-22:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

清河坊観光地図

清河坊をご紹介

  紹介

  河坊街は、杭州の歴史上、最も有名な商店街。現在の面積は13.66ヘクタール、エリアには元の時代の清河坊や鼓楼、呉山のほかに、また胡慶余堂、胡雪岩旧居、南宋御街など名所旧跡がある。杭州の長い歴史の縮図とも言えるところ。

  南宋時代が杭州に都を決めた後、現在の呉山南東にある鳳凰山の麓に紫禁城を築いた。そして、紫禁城から市内へ長さ十里(約5キロ)の皇族専用の道、「天街」(現在の中山中路)を開いた。清河坊は前を南宋の紫禁城に、後ろを河坊街に接していた。「前に皇居、後ろに市」、そして、紫禁城の外、「天街」の両側には、皇族や貴族等家臣が相次いで私邸を建てた。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

清河坊の特色

  特色

  清河坊の名前の由来は、当時の総帥張俊と関係がある。1129年、張俊は明州(現在の寧波)で金の軍隊を撃退し、晩年には清河郡王に封じられ、厚遇された。彼は今の河坊街太平巷に清河郡王府を建てました。庶民に敬愛された王の名前をとって、この一帯を「清河坊」と呼ばれるようになった。昔は「前朝後市」と呼ばれており、元、明、清と民国時代を経て新中国成立する前に至るまで、この一帯はずっと杭州の商業繁華街であり、杭州の老舗はほとんどここに集中していた。

  特に清河坊は宋と清の時代に繁盛になり、当時、この当たりは店舗が林立して、布の市、米の市、居酒屋、茶屋、劇場がずらりと並び、商売が盛んで、昼も夜も杭州で最も賑やかな商業区だった。

  ここには老舗、名店の旗が揺れ動き、老舗漢方薬局の胡慶余堂(こけいよどう)、ハム屋の万隆火腿荘(ばんりゅうかたいそう)、タバコ屋の渚フ大昌(ヒツオオショウ)煙草店、もその頃のものであり、今もその姿が見られる。

清河坊の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:40元。

  開放時間:09:00-22:00。

清河坊の交通

  歩き方

  8路、K8路、30路、38路に乗る。

清河坊 観光ホテル

清河坊 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號