宋城

宋城

宋城写真

宋城

観光地の情報:   紹介  宋城は西湖から西南の方向に位置し、北は五雲山、南は銭塘江に接している。宋城は杭州宋城集団..

観光地の入場券:  宋城入場券及び開放時間  入場券:90元。  開放時間:10:00--21:30。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

宋城観光地図

宋城 観光地写真

宋城をご紹介

  紹介

  宋城は西湖から西南の方向に位置し、北は五雲山、南は銭塘江に接している。宋城は杭州宋城集団有限公司が投資、建設し、2005年の愛知万博の中国パビリオンでも展示された。北宋時代の有名な画家が画いた「清明上河図」を再現した中国最大の宋代文化テーマパーク。「一日の時間で、千年の時間を楽しむ」

  これが宋城グループのキャッチフレーズ。では、1000年前へタイムスリップして、宋文化を堪能しましょう。ここは、宋代の著名な画家であるが書いた絵巻と宋代の建築様式を参考にして、当時の街の様子を再現している。内部は、「清明上河図」をそのまま再現したとエリアと、九龍広場、宋城広場、仙山瓊閣、南宋皇宮、南宋風情苑などのエリアに分かれている。店舗や、宿泊施設等も含めた街全体が、北宋と南宋の繁栄した都を再現している。現在、は世界テーマパーク協会会員にもなっている。

  杭州の気候は日本と同様の温帯性気候に属しているため、日本の本州の気候とよく似ている。杭州の気候は、四つの季節がある温帯性湿潤気候に属している。杭州の年間平均気温は、16.2℃。夏の天気は、暑く多湿が、冬は、比較的涼しくて、乾いている。最も暑い月は7月で平均温度は約34℃、冬場の1月の平均温度は約4℃。杭州の年間降水量は1450mm。真夏には、浙江省の他の都市と同様に杭州でも、台風の影響を受ける。ただし台風が直撃することはあまりない。一般的に台風は、浙江省の南海岸に沿って進み、杭州に強風と降雨をもたらする。

宋城の特色

  特色

  宋代(西暦960-1279年)は中国の封建社会が発展、成熟した時代で、その経済、技術、文化の発展は、当時の全世界の先端を行くものだった。宋城は北宋、南宋の両文化を取り入れ、杭州の宋文化と歴史を遊ぶ空間を作り出している。浙江省及び杭州の有名観光地として、中国人観光客の歓迎を受けている。

  夜になると、宋城の大劇場では、南宋時代を蘇らせる4部のエンターテインメント・ミュージカルは行われる。これは見逃せません。中国の民族舞踊とフランス、アメリカ舞踊をミックスした迫力のある「宋城千故の情」では、めまぐるしく動く迫力有る舞台に、きっと釘付けとなるでしょう。終演後は出演者との記念写真撮影もできる。

  今、私たちがいるこの入り口前の広場は「九竜広場」と言いる。ここに高さ10メートル、直径1メートルの「九竜柱」があり、伝説によれば中国人は竜の伝人(後代の人)なので、ここの「麒麟」と竜は、一緒宋城の入り口前の門守(かどもり)の神となっている。

  宋城広場、宋代の特徴をもつ、反り返ったような建築物や、馬車が盛んに往来する様子は、宋代の風情を感じることができる。あの広大な規模のの滝は、非常に躍動感がある。

  これは「歴代柱」と言う柱で「漢」から「唐」、「宋」、「元」,「明」、「清」などそれぞれ中国22の歴史をあらわしている。「華表」(かひょう)と言われる中国で宮殿・・の前によく立てられる石柱もここにある。

  中国語の「月老」は日本語「仲人」の意味で、「月老祠」は「月老」この「仲人」を祭っている所で、ここで線香をたてて拝むといい嫁或いはいい婿を見つけられると言われがある。

  「月老祠」の反対側には、「」があるが中国語の「財神」は日本語「恵比寿」にあたる神様で、つまりここで拝めば商売がうまくいき、金持ちになれるという意味がある。

  この城門は北宋時代の有名な画家が画いた「清明上河図」を再現したもの。隣にある像はこの「清明上河図」を描いた宋時代の画家、張択端さん。城門を通ると宋城の芸術広場で、ここでは古今の奇観を集めたられている。南北の味を集めた軽食街は、観光客に宋代の味を楽しむ最高の場所となる。

  幅40メートル、高さ20メートルの噴水は、夜になると、なんと映画の剥くリーンになる。「岳飛の金の兵隊退治」「愛in人間」などの“ウォータースクリーンの映画“を楽しむことができる。

  ところで「岳飛」と言う人は南宋時代の将軍の一人で国の南宋を守るため北方金国の侵略に抵抗し戦いましたが朝廷の投降派によってれをせられてされました。から「岳飛」は民族英雄として中国人の人々に尊敬されている。杭州には彼を祀った岳飛廟があるから、みなさんもご存じかと思いる。

  この辺りは宋城内にあるレストランの町。中国の飲食文化の歴史も長く、聞くところによると北宋の開封市には高級な料理店、俗称の“正店”は72件あったそう。ちなみに小さいレストランは“足店”と呼ばれていました。宋城内は小吃街があって、南北の食べ物が集まっている。ここではもちろん、杭州の有名な料理の「宋の魚スープ」、「東坡肉」、「乞食鶏」なども味わえる。

宋城の入場券

  宋城入場券及び開放時間

  入場券:90元。

  開放時間:10:00--21:30。

宋城の交通

  歩き方

  308、514路、游4、5路に乗る。

宋城 観光ホテル

宋城 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號