翠華山

翠華山

翠華山写真

翠華山

観光地の情報:   紹介  翠華山は西安の南30キロ太峪口にあり、終南山の一部であり、主峰である終南山は海抜2604mの高..

観光地の入場券:  翠華山入場券及び開放時間  入場券:最盛期は70元、閑散期は45元。  開放時間:8:00-19:00。

注意事項:  注意事項  1、西安少数民族は回族のほうが多くて、回族小吃も西安飲食文化の代表、民族習慣を尊重す..

翠華山観光地図

翠華山をご紹介

  紹介

  翠華山は西安の南30キロ太峪口にあり、終南山の一部であり、主峰である終南山は海抜2604mの高さを誇る。山頂にはたくさんの名勝地、風光明媚、爽やかな気候、奇形の嶺と洞窟があり、渓流流れている。山中の氷洞、風洞、翠華廟などがある。翠華山の山崩れ国家地質公園は中国の山崩れ子国家地質作用の最も発育した地区のひとつである。山崩れ地形の種類を揃え、構成の典型、保存の完璧さ、巨大な規模、高い観光価値、国内外でも稀な、「中国山崩れ奇観」、「地質博物館」と美称される。2002年には国家観光局から国家AAAA級に観光地に選ばれた。

  西安の気候は温帯大陸性気候で、四季がはっきりしている。年平均気温は13℃。年間降水量は604.2ミリ、年間日照時間は2000時間。温和な気候と自然環境に恵まれた土地であり、原始先住民族が生活するのに理想的な土地でもあった。寒い冬以外旅行に適している。

翠華山の特色

  特色

  秦嶺山脈の自然に触れようと春浅き翠華山、大昔の大地震による岩山の崩壊で、岩石累々とした不思議な場所だった。
  
  翠華山という名前はある伝説に由来する。むかし、翠華という気転のきく、手先の器用な、美しい娘がいて、潘という姓の若者と恋におちいり、結婚の約束までした。彼女の両親は早くに亡くなり、その兄と兄嫁は彼女を金持ちの妾にして、金を嫁ごうと考えていたが、翠華は承知しなかった。ある月の明るい夜、彼女は若者の家までやってきて、自分で紡いだ糸を若者の家の門前の大きな木に結びつけ、その先を持って山に登っていた。若者がその糸を見つけ、自分のところに来るよう願っていたのだが、運悪く兄が先にそれを見つけてしまい、彼女をつかまえようとしたその時、突然、山がくずれ、地が裂けて、別世界が現われ、翠華は仙人の音楽がひびきわたるなか、仙女とともに風に乗って、どこかに行ってしまい、再び戻って来なかった。
  
  翠華山の景色は水湫池あたりが最もすばらしいといえる。水湫池は高山湖で、西安より800メートルも高く、面積は5万平方メートル。唐代に起きた地震で形成されたもので、青々とした水面に映し出された山の景色は絶品である。池ではボートにも乗れるし、水泳もできるし、池でとれた魚を食べることもできる。

  池の付近には素朴な山村があり、その近くに風洞がある。風洞は、二つの巨大な石でできており、中では物凄い風が吹いており、入ると体が冷えきってしまう。氷洞は風洞のそばにあり、中の方には年中とけない氷があるといわれており、やはり暑さしのぎには絶好の場所である。水湫池の西南には翠華山の滝があり、湖の水が崖のうえから2筋に分かれて落下する様子はまことに雄大であり、広く知られている。

翠華山の入場券

  翠華山入場券及び開放時間

  入場券:最盛期は70元、閑散期は45元。

  開放時間:8:00-19:00。

翠華山の交通

  歩き方

  西安市内西高新で905路観光専用線に乗る、或いは明徳門城南客運駅で4-01路観光専用線に乗る。

翠華山 観光ホテル

翠華山 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號