碑林博物館

碑林博物館

碑林博物館写真

碑林博物館

観光地の情報:   紹介  西安碑林博物館は西安城南門の東にある。碑林とは文字や図像を刻んだ多数の石碑の集合を意味す..

観光地の入場券:  碑林博物館入場券及び開放時間  入場券:最盛期は45元、閑散期は30元。  開放時間:夏8:00-18:4..

注意事項:  注意事項  1、西安碑林博物館は一年中対外開放、大晦日は閉める、館内調整する。  2、博物館と展覧..

碑林博物館観光地図

碑林博物館をご紹介

  紹介

  西安碑林博物館は西安城南門の東にある。碑林とは文字や図像を刻んだ多数の石碑の集合を意味する。西安碑林は昔の西安の孔子廟を基礎として1087年に建てられた。この博物館は石碑展示室、石刻展示室、臨時展示室の3つに分かれている。建築面積は約4000平方m、展示品は約3000点ある。

  博物館は南北に細長く、門をくぐると木牌坊が見える。右に折れて正面をみると東西両側に展示室が続いている。その間の遊歩道の両側に石造りの動物模様の門柱や八角円堂の碑閣が立ち並んでいる。もっと奥に進むと碑林の展示室に着く。

  まず目に入るのは碑亭の中に立っている石台孝経。この石碑は高さ5.7m、唐の玄宗皇帝の天宝四年(745年)の自筆で、内容は孝経に関する解説で、碑額の題字は皇太子李亨(後の粛宗皇帝)の書。碑文の中に、「身体髪膚これを父母に受く」という明言もある。

  西安の気候は温帯大陸性気候で、四季がはっきりしている。年平均気温は13℃。年間降水量は604.2ミリ、年間日照時間は2000時間。温和な気候と自然環境に恵まれた土地であり、原始先住民族が生活するのに理想的な土地でもあった。寒い冬以外旅行に適している。

碑林博物館の特色

  特色

  七つの石碑展示室には大型の石碑と墓誌銘が千基ほど展示されている。展示の石碑は漢の時代から清の時代までの各時代にわたっている。石碑には歴史実録、仏教、古代の名著などが刻まれていて、石碑は当時では文化を伝える重要な手段だった。

  第一展示室には高さ2mの開成石経の石碑が114基あり、碑の両面に65万252の文字が刻まれている。開成石経は唐の文宗皇帝李昴が国子監(文部大臣)鄭罩の建議により、文宗の大和四年(830年)から開成二年(837年)までに艾居梅と陳王界らによって楷書で刻まれたものです。これらの碑の完成には約七年の月日を費やしたと伝えられている。文宗の開成年代に完成したのは開成石経と名付けられました。当時の統治者は、この石経を長安城務本坊の中に置き、大学生と文士たちに勉強させました。石経とは、十三種の儒教経典の意味で、即ち、周易、尚書、儀礼、詩経、周礼、礼記、春秋左氏伝、春秋公羊伝、春秋殻梁伝、論語、孝経、爾雅、孟子のことです。刻文の内容は中国の古い封建制度の道徳の倫理で、これにしたがって官僚を養成するのが当時の支配者の目的でした。また、地理資料、民間詩歌、貴族の冠婚葬祭の制度、名人の問答談話の収録、歴史文献など、数多くの典籍の精華が網羅されている。

  第二室には唐代の有名な石碑を展示している。唐多宝感應碑は唐代の大書道家願真卿四十四歳の自筆です。碑文の内容は唐代の名僧楚金禅師により多宝塔建立の経過文で、この中に唐の玄宗皇帝が多宝塔建立にため、当時のお金で五十万銭送ったことが記載されている。

碑林博物館の入場券

  碑林博物館入場券及び開放時間

  入場券:最盛期は45元、閑散期は30元。

  開放時間:夏8:00-18:45、18:00売り切る、冬8:00-18:00、17:15売り切る。

碑林博物館の交通

  歩き方

  五竜専用線、14、23、40、118、208、213、213区間、214、221、222、232、302、309、402、512、704、710、800、遊4、遊6路バスに乗る「文昌門」に降りる。

碑林博物館 観光ホテル

碑林博物館 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號