上海海湾観光区

上海海湾観光区

上海海湾観光区写真

上海海湾観光区

観光地の情報:   紹介  奉賢区の最南端に位置し、奉賢中心新市街と7キロメートル離れている。沿海新築水防大通り、全..

観光地の入場券:  上海海湾観光区入場券及び開放時間  入場券:普通は無料、凧節など祝い日のとき20元、砂浜へ行くなら..

注意事項:  注意事項   夏のとき、特に海のような露天場、暑気あたり予防と日当たり予防は必ずすること。..

上海海湾観光区観光地図

上海海湾観光区をご紹介

  紹介

  奉賢区の最南端に位置し、奉賢中心新市街と7キロメートル離れている。沿海新築水防大通り、全長は2.6キロメートル、海湾観光地の観光大通りになった。砂地に人工でひとつの砂浜を作った、その中で多くの遊楽ゲーム、まるで砂浜のカーニバル。広大な海湾辺で凧揚げをする、すでにそこに遊ぶ伝統な習慣になった、ここは毎年十一のときに国際凧節を行う、国際多く凧の愛好者に参加しに来るように引きつけた。

  上海は亜熱帯の湿潤季節風気候に属しており、四季がはっきりしている。夏は湿気が多くて暑く、冬は寒い。一番寒い1月の平均気温は3℃以下で、最低気温はマイナス5℃~7℃。一番暑い7月の平均気温は28℃、7、8月の最高気温は36℃~37℃で、過去の最高気温は40.2度を記録したことがある。無霜期は3月の末から約8ヶ月半も続く。日中の平均気温が0℃を超える日は340日以上で、10℃を超える日となると230日ある。年間降水量は1100ミリ、成長期の耕地の水分過剰量は約350ミリ。6月の中旬から7月の上旬までの約20日間は長雨が続く雨季となり、7月から9月にかけては、沿海地域では常に台風と嵐が伴って現れる。

上海海湾観光区の特色

  特色

  海湾観光地一番開発「海湾九大名所」:海辺観光大通り--新築水防大通り、全長は2.6キロメートル、幅は13.5メートル。華亭東石塘--清朝雍正三年に建てられた、全長は20数キロメートル。中国上海国際凧場--毎年国際凧の試合を行う。貝殻自然保護区--海辺観光大通りの外側に砂浜上に20数種類近くの貝殻がある、上海市奉賢国防教育拠点、海鮮通り、魚を釣る中心、海湾水泳場--海水の面積は4.5万平方メートル、人造優良品質砂浜は1.2万平方メートル。海島風景。

上海海湾観光区の入場券

  上海海湾観光区入場券及び開放時間

  入場券:普通は無料、凧節など祝い日のとき20元、砂浜へ行くなら、また3元をかかる。

  開放時間:8:00-17:00。

上海海湾観光区の交通

  歩き方

  バス:莘荘地下鉄駅莘海線に直接到着あるいは奉賢南橋鎮に梅靶線に乗る。興安路沪海専用線。

上海海湾観光区 観光ホテル

上海海湾観光区 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號