人民大礼堂

人民大礼堂

人民大礼堂写真

人民大礼堂

観光地の情報:   紹介  人民路学田湾に位置する重慶最大の劇場だ。1950年に着工し、1953年に落成した。初め”中蘇大楼..

観光地の入場券:  人民大礼堂入場券及び開放時間  入場券:5元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項  1、日中は暑く、朝晩冷え込む気候が多い。Tシャツ、長袖のトレーナー(長袖厚手のシャツ..

人民大礼堂観光地図

人民大礼堂をご紹介

  紹介

  人民路学田湾に位置する重慶最大の劇場だ。1950年に着工し、1953年に落成した。初め”中蘇大楼”と呼ばれていた。その後改名し”西南行政委員会大礼堂”となり、1955年に現在の名になった。

         大礼堂の敷地は6.6㎡を占め、建築面積は2.5㎡、礼堂の高さは65mで礼堂、南楼、北楼の三つに分かれている。礼堂は1.85㎡を占め、高さは65m。大ホールは高さ55m、内径46.33m。ホール正面には大型舞台が設置されている。周囲は5階建ての挑楼に囲まれており、座席の数は4200席ある。

  重慶は亜熱帯性気候で湿度が高い。霧の日が年平均120日に及ぶことから「霧の重慶」という別名がある。また、夏の気温が最高40℃にも達することから、武漢、南京とともに「中国の三大ストーブ」とも呼ばれている。平均気温は7月27℃、1月6.3℃。最適な旅行季節は春と秋。

人民大礼堂の特色

  特色

  大礼堂は中欧折衷建築的風格がある。主体部分は北京の天壇にある祈年殿及び、天安門の形式を模倣しており、廊下と柱式の南楼と北楼を配置している。瑠璃瓦の屋根、廊下の赤い柱、白い手すりだ。

  大門は大きなアーチ様の建物となっている。かつて旧ソ連、日本、朝鮮、インド、ルーマニア、旧ユーゴスラビア等の国々の大型文芸団体を引き受けたことがあり、重慶市における中外文化交流の重要な場所だ。

          重慶を象徴する建物であり、1954年に北京の天壇を模倣して建築された。中央の丸屋根の建物をはさんで、右と左に二重屋根の建物が向き合い、中央の建物は重要な市会議や行事、又その他一般のイベント行われる。階段を下りると下に人民広場があり、市民の憩いの場所となっている。ここでは朝7時~9時頃は太極拳、剣舞、扇子踊りなどを練習する市民、夜の7時~9時には噴水があり、社交ダンス、小グループでの個人ダンスを楽しむ人が沢山見える。現地市民生活体験のなかなかいい場所。

人民大礼堂の入場券

  人民大礼堂入場券及び開放時間

  入場券:5元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

人民大礼堂の交通

  歩き方

  103、104、105、111、112、122、215路と181、503路バスに乗る。

人民大礼堂 観光ホテル

人民大礼堂 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號