红岩革命記念館

红岩革命記念館

红岩革命記念館写真

红岩革命記念館

観光地の情報:   紹介  紅岩村八路軍が重慶に駐在した際の執務大楼。沙平堰区化竜橋紅岩村13号、市内から8000mのとこ..

観光地の入場券:  红岩革命記念館入場券及び開放時間  入場券:無料。  開放時間:8:30~17:00。

注意事項:  注意事項  1、日中は暑く、朝晩冷え込む気候が多い。Tシャツ、長袖のトレーナー(長袖厚手のシャツ..

红岩革命記念館観光地図

红岩革命記念館をご紹介

  紹介

  紅岩村八路軍が重慶に駐在した際の執務大楼。沙平堰区化竜橋紅岩村13号、市内から8000mのところに位置する。三階建て木造建築の建物だ。抗日戦線期、共産党と国民党は抗日民族統一戦線を打ち建てた。

  重慶は亜熱帯性気候で湿度が高い。霧の日が年平均120日に及ぶことから「霧の重慶」という別名がある。また、夏の気温が最高40℃にも達することから、武漢、南京とともに「中国の三大ストーブ」とも呼ばれている。平均気温は7月27℃、1月6.3℃。最適な旅行季節は春と秋。

红岩革命記念館の特色

  特色

  紅軍は八路軍と新四軍に改編され、新華日報も創立された。1939年5月から1946年5月までここは八路軍の旧執務地だった。毛沢東、周恩来、叶剣英、董必武、鄧頴超等の人物がかつてここで仕事をしていた。1945年8月毛沢東と蒋介石が行った”重慶交渉”の43日間、毛沢東は紅岩村に滞在していた。建物は当時南方局と八路軍が駐在していた事務所の工作員が改築したものだ。一階は機関工作員の事務室として使われた。大門西側の取次ぎ室には足踏み式の電動ベルが何重にも備え付けられており、緊急の際ベルを踏み、警報を出していた。二階は南方局指導者の事務室として使われた。毛沢東が重慶に滞在中に執務室兼宿舎として使っていた場所は、北向きで東側先端にある部屋で、南向き中央にある部屋は周恩来の執務室兼南方局の会議室だった。三階は機密を扱う部門で、秘密電信局が設置されており、それは南方局と延安が連絡を取り合うための重要な通信器具だった。毛沢東は滞在期間中、これを用いて全国の革命闘争を指揮していた。

  記念館内には前後相次いで桜園、桃園と盆栽園が建設された。

红岩革命記念館の入場券

  红岩革命記念館入場券及び開放時間

  入場券:無料。

  開放時間:8:30~17:00。

红岩革命記念館の交通

  歩き方

  104、215、216、217、219路バスに乗る。

红岩革命記念館 観光ホテル

红岩革命記念館 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號