羅漢寺

羅漢寺

羅漢寺写真

羅漢寺

観光地の情報:   紹介  北宋治平年間(1064―1067)に作られており、祖月禅師が山開きをして仏教を開講していたのだ。..

観光地の入場券:  羅漢寺入場券及び開放時間  入場券:5元。  開放時間:8:00—18:00。

注意事項:  注意事項  快適な、レジャー、不便な服を着たほうがいい。

羅漢寺観光地図

羅漢寺をご紹介

  紹介

  北宋治平年間(1064―1067)に作られており、祖月禅師が山開きをして仏教を開講していたのだ。最初は治平寺という名称だったが、明清になってから、寺には四大天王像の碑、古仏岩、羅漢堂、弥勒閣、大雄宝殿、蔵経楼、方丈室、禅堂などが残っている。

  重慶は亜熱帯性気候で湿度が高い。霧の日が年平均120日に及ぶことから「霧の重慶」という別名がある。また、夏の気温が最高40℃にも達することから、武漢、南京とともに「中国の三大ストーブ」とも呼ばれている。平均気温は7月27℃、1月6。3℃。最適な旅行季節は春と秋。

羅漢寺の特色

  特色

  羅漢寺は北宋治平年間(1064年~1067年)に作られており、祖月禅師が山開きをし仏教の教えを説いていた場所である。最初は治平寺という名称だった。明・清代になってから、寺に五百羅漢を祀るようになり、その塑像が古風且つ質朴だったので、それが世によく知られるようになり、羅漢寺と改名され今日に至る。千年近くを経て、世の中変化により、寺院は何度も盛衰を繰り返すこととなった。現在境内には、四大天王像の碑、古仏岩、羅漢堂、弥勒閣、大雄宝殿、蔵経楼、方丈室、禅堂などが残っている。

羅漢寺の入場券

  羅漢寺入場券及び開放時間

  入場券:5元。

  開放時間:8:00—18:00。

羅漢寺の交通

  歩き方

  401路電車、103、104、105、111、112、122路バスと105路観光車(外環)。

羅漢寺 観光ホテル

羅漢寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號