国家体育場

国家体育場

国家体育場写真

国家体育場

観光地の情報:   紹介  北京オリンピック公園中心区の南部に位置する国家体育場は「鳥の巣」の愛称で知られ、北京オリ..

観光地の入場券:  国家体育場入場券及び開放時間  入場券:不詳。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項   北京城市が大きい、車も多い、北京の運転手は交通秩序を守るけど、渋滞やすい。特..

国家体育場観光地図

国家体育場をご紹介

  紹介

  北京オリンピック公園中心区の南部に位置する国家体育場は「鳥の巣」の愛称で知られ、北京オリンピック大会のメーンスタジアムとなる。設計者はスイスの建築家ユニットヘルツォーク&ド・ムーロンで、その独特の形状から愛称は「鳥の巣(Bird'sNest)」である。総工費は31。3億元。敷地面積は21万平方メートル、延べ床面積は25万8千平方メートル。オリンピックとパラリンピックの開閉幕式はここで行われ、オリンピックでは陸上競技と男子サッカー、パラリンピックでは陸上競技に使用される。観客席は固定席が8万席、臨時席が1万1千席。

  北京は典型的な温暖な半湿、大陸性季節風の気候で、四季がはっきりしていて春、秋が短く夏,冬が長い。年平均降水量が626mlで雨は夏の梅雨に集中的に降る。北京の平均日朝時間は2700時間で比較的に太陽熱資源が豊富な地域である。夏が暑く雨が多く降る方で冬は寒さが厳しく乾燥である。無霜期間は180~200日。

国家体育場の特色

  特色

  大会終了後は、国内・国際のスポーツ大会と文化娯楽活動の開催に使われるほか、北京市民がスポーツと娯楽2大型施設となる。独特な建築スタイルから北京のランドマークとなる。

  「鳥の巣」は特級体育建築物とされ、建物の基本部分は100年間使用できる。火事にも強く、マグニチュード8の地震にも耐えられる設計で、地下部分の工事にあたっては1級の防水措置が取られた。

  凝ったデザインが災いし、鉄骨を鳥の巣のようにくみ上げた構造は、定期的なメンテナンスをしなければ腐食する恐れがあるとされ、維持費に年間5,000万元かかるという。また、これまでに少なくとも5人が建築作業中の事故で死亡している。

国家体育場の入場券

  国家体育場入場券及び開放時間

  入場券:不詳。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

国家体育場の交通

  歩き方

  839(北辰西桥北に降りる)、510(国家体育館に降りる)、386、656、660、740、753、944、944支、983、運通113(亜運村或いは北辰橋西駅に降りる)

国家体育場 観光ホテル

国家体育場 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號