中山広場

中山広場

中山広場写真

中山広場

観光地の情報: 紹介中山広場は中国遼寧省大連市東部の中山区に位置し、初めて帝政ロシアが占領する時期に建てて、その時は..

観光地の入場券:中山広場の入場券及び開放時間入場券:無料。開放時間:終日。

注意事項:注意事項大連が都市基礎建設、環境を美化すること、環境保護を重視するため、相前後に国連の授与する「人居..

中山広場観光地図

中山広場をご紹介

紹介

中山広場は中国遼寧省大連市東部の中山区に位置し、初めて帝政ロシアが占領する時期に建てて、その時は尼古拉耶夫広場と言われて、ツアーのニコライ2世の名前で命名したのである。日本が占領する時期は大広場と言われる。解放後、孫中山先生を記念するため、中山広場に改名する。

中山広場は円形で、直径は168メートル、10条の大通りがここから四方八方に通じる。周囲の建物はほとんど本世紀初期に建てて、ロマ式、ゴシック式、ルネッサンス風格と折衷主義などあって、、ヨーロッパ風がとても濃い。玉石で敷設する中心円台は優雅で日立つ。広場周囲の建物は多く日露時期に建造して、今大部分の建物は金融機関に使われるので、ここは大連市の金融センターである。

中山広場は建物がきれいでだけではなく、その上音楽も素晴らしい。毎日は規定時間で世界名曲を放送して、だから中山音楽広場も言われる。広場は最も美しい景色が夜に属する。夕闇下の広場がいろいろな色に照りかえされて、更に可愛くて美しくなる。幾百幾千の市民はここに音楽に従って軽やかに舞って、場面は歓楽でめでたいである。

晴れる日には、人々は青々としている広場に座って日光を浴びていて、緑の草のすがすがしい香りを吸っている。3,5人の群れで羽根けりとか、ゆったりにアワで鳩にえさをやって、のんびりで楽しむ気持ちをいっぱい享受する。

旅行の最適時間

世界的に有名な避暑観光地の大連は北温帯の季節風型大陸性気候に属して、東北地区の最もあたたかい地域である。年の平均気温は10°Cぐらい、その中には8月が最も熱くて、平均気温は24°C、本日の最高気温は30°Cを超えて10~12日だけある。1月は最も寒くて、平均気温は-5°C、極限に最低気温は-21°Cぐらいに達することもできる。60%-70%の降水は夏季に集中し、多い暴雨、しかも夜雨は日雨より多い。

中山広場の特色

特色

中山広場は君に大連建築特色の1つの良い所を味わることができる。ここには西方を表現する「古典柱式」との建物があって、建物全体は格別に威厳、謹厳である。ここに「巴ロック」の建築特徴と似て一致する大連ホテルビルがあって、それは「柱式」との形式を採用し、四面に多くの曲がり角と窓際、門穴と前庭が曲線造型を採用する。ここに「ゴシック式」の建築風格の外国貿易局ビルもあって、それは鋭い形の拱門があって、そして鋭い塔の造型を採用して、人々に高くそびえ立って軽やかな印象にあげる。ここに屋根の上で3つの円形大空な国銀行のビルもあって、および主頂楼の上で「フランス頂」の構造を応用するビルもあって、それらはヨーロッパのルネッサンス時期の芸術的特徴を体現していて、典型的なヨーロッパの古典主義風格を持つ。観光客は中山広場で漫歩して、ここにはこのようにいくつかの広場と造型が不同であるのに、雰囲気がとても調和してすばらしい作品を集中したことを見て、驚異な賛嘆をかきあげざるをえない。

改革開放後の中山広場は面目がぱっと一新して、玉石で敷いた中心円台は優雅で日立って、道路建築は交互に秩序があって、すっかりと空間、優美な環境、広場全体は生命の緑を満たして、都市の光、それは1首の音調優美なソナタのようで、1部の調和を表現する交響詩である。芝生の木、道の生花、活発な鳩、かわいい児童、更に広場が平和と静かだを満たすことに見える。

中山広場の入場券

中山広場の入場券及び開放時間

入場券:無料。

開放時間:終日。

中山広場の交通

歩き方

7、15、16、19、23、30、405、409、701、703、706、707、708線バスに乗って到着できる。

中山広場 観光ホテル

中山広場 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號