春好軒

春好軒

春好軒写真

春好軒

観光地の情報: 紹介  春好軒は避暑山荘の万樹園の南東に位置して、清乾隆二十年(1755年)創建して、皇帝が三春好景を観..

観光地の入場券:春好軒入場券及び開放時間  入場券:90元/人閑散期は60元/人  開放時間:8:00-17:00(毎日)春節..

注意事項:注意事項  ① 景勝地の部屋の構造が複雑なので、道に迷わないため、ガイドを連れて行ったほうがい..

春好軒観光地図

春好軒をご紹介

紹介

  春好軒は避暑山荘の万樹園の南東に位置して、清乾隆二十年(1755年)創建して、皇帝が三春好景を観賞する場所である。三春は軒内にベゴニヤがいっぱい植えている。乾隆帝と嘉慶帝が二人とも詩を作って景色を謳える。近年、春好軒が改修された。春好軒は北向きで、門殿が三所があって、裏が四合院である。正殿は長さが五軒、幅三軒で、殿額に乾隆の肉筆「花際霞峰」が書いてある。両側に対聯がある。「上塞遥寄情煙雲入画南栄開勝覧花鳥知春」東西の副殿がそれぞれ三軒がある。殿後の亭が「巣翠」と言われる。庭には松の木が空高く聳え、ベゴニヤの匂いが心に沁みわたる。軒の周りが蔭をなす緑樹と赤梁碧瓦の飾りで、素晴らしい。

  冬が寒いといっても、周りが山に囲まれて、モンゴル高原からの大寒波の襲うのを拒むため、温度が同じ緯度のほかの地方より高い。夏が涼しいので、最適観光時間である。

春好軒の特色

特色

  康煕と乾隆は前後「三十六景」を制定して詩を作った。三十六という数字がただ象徴として、「天を移り、地を縮み、君の懐に入れる」という。康煕の題名が全部四字で付いた。例えば、煙波致爽、月色江声、万壑松風、雲山勝地などである。乾隆の題名が全部三字で付いた。例えば、麗正門、松鶴斋、如意洲、春好軒、万樹園などである。これは「康煕三十六景」と「乾隆三十六景」を区分するもっとも明らかな標識である。

  春好軒の周りがピンクな壁に囲まれて、壁に五目窓が付いて、素朴である。院内に築山が自然にそびえている。牡丹、ベゴニヤがいっぱい植えている。主殿の五軒が「春好軒」で、左右には副殿がそれぞれ三軒があって、回廊で接している。院後には重檐で八角の形をした亭があって、「巣翠」と言われる。亭の中から「四周錦簇霜枝麗一院芳含秋卉新春好軒前風露好居然八月有三春」の景色が見える。

春好軒の入場券

春好軒入場券及び開放時間

  入場券:90元/人閑散期は60元/人

  開放時間:8:00-17:00(毎日)春節も営業

春好軒の交通

歩き方

  承徳市は北京に近い(230キロメートル)ので、一般的に承徳に旅行するのは北京を経由する。K709次列車に乗る(朝7:20発車、午前11:18承徳に到着)、硬い座席41元/人、柔らかい座席61元/人。

  または錦州や瀋陽から行く。2067次列車に乗る(朝7:25発車、夜20:28承徳に到着)

春好軒 観光ホテル

春好軒 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號