鴨緑江断橋

鴨緑江断橋

鴨緑江断橋写真

鴨緑江断橋

観光地の情報: 紹介中国丹東と朝鮮新義州の間の鴨緑江の上に、横たわる2本の大鉄橋、江水の上下流によると上橋と下橋に分..

観光地の入場券:鴨緑江断橋の入場券及び開放時間入場券:20元。開放時間:8:00-16:00。

注意事項:注意事項家を離れていて、地方の特産物と記念品を買って、異郷の情趣を体験して、遊覧客の普遍的な心理であ..

鴨緑江断橋観光地図

鴨緑江断橋をご紹介

紹介

中国丹東と朝鮮新義州の間の鴨緑江の上に、横たわる2本の大鉄橋、江水の上下流によると上橋と下橋に分けて、これは誰にも知っている中朝友情橋と断橋である。

鴨緑江断橋は鴨緑江の上に多い橋の中で第1本の橋で、1909年5月に施工し始めて、1911年10月に竣工した。工事はその時の日本朝鮮総督府の鉄道局で担当した。初めは鉄道橋で、12孔、長さは944.2メートルである。中国側から第4孔が開閉梁で、四番墩を軸にして、90°を回転することができて、船舶の航行に都合よい。満州傀儡政権時期、日本人はこの橋の上流で第二基の鉄道大橋(つまり今の中朝友情橋)を作り上げて、1943年4月に使用し始めて、そして第1橋を道路橋に変えた。1950年11月~1951年2月米軍の飛行機に何度も爆撃されて、第1橋は廃棄された橋になった。中国側の4孔の不完全な橋は今なお保留して、普通は「断橋」に言われて、市級の文化財保護単位になり、1993年6月に修繕し始めて、観光地になって、「鴨緑江端橋」と命名する。橋の身は淡青色に涂り、戦争を忘れない意味であり、平和に祈っている。いろいろな意見を求めた後で、橋は「鴨緑江断橋」との名を回復し、橋の身も鋼鉄の灰色を回復する。国防部長の遅浩田上将が橋名の「鴨緑江断橋」を書いて、歴史のもとを保留する意味がある。

旅行の最適時間

丹東旅行の最適季節は夏、秋である。

丹東は暖温帯季節風型大陸性気候に属する。黄海の影響を受けるため、海洋性気候の特徴を持って、降雨量が充分で、1年中湿っぽくて、東北地区の降水量は最も多くて、最もあたたかい地区の1つで、年平均の降水量は1000ミリメートルぐらい、その中に3分の2が夏季に集中する。

丹東の四季は明らかで、冬と夏はより短くて、春と秋は過渡季節がより長くて、冬はいつも来て遅くて、春季気温は回復上昇が緩慢で、夏季は短くてさわやかである。年の平均気温は8℃、日平均気温は-10℃以下の厳寒期が60日ぐらい、日平均気温は25℃以上のひどく暑い期間が約20日である。

鴨緑江断橋の特色

特色

断橋はもとが鴨緑江の上で第1本の橋で、1909年に建てられて、長さは944.2メートルで、幅は11メートルで、12孔、第4孔は「開閉梁」であり、90°を回転することができて、船舶の航行に都合よい。抗米援朝戦争の時に米軍に爆破された。中国側は4孔が残存して、抗米援朝戦争の歴史の目撃証言になる。今は国家級愛国主義教育基地になる。ここが鴨緑江国家重点名勝大橋の観光地区の主要な名所である。

鴨緑江断橋はを恥辱、闘争、成果を一体に集まっての生き生きとした愛国主義教育の教材である。1905年、日本の侵略者は中国を略奪するので、鴨緑江の上でこの大橋を強行して建造して、抗米援朝の時に、米軍は当方の供給線を断ち切るために、1950年11月8日にこの橋を爆破し、ただ中国側の「断橋」に残るしかない。この橋は建てから100年来、中華民族が恥辱から闘争まで、しばしば挫折を経験することから絶えずに勝利することまで、主人公となって立ち上がることから改革開放の裕福になってくることまでの苦難に満ちている過程を経験した。断橋の上に立って、歴史を振りかえることができるだけではなくて、国を愛する情熱に強めて、更に丹東市は改革開放からの業績を心ゆくまで見ることができる。

1993年丹東市の委員会、市政府は200余り万元を投資して断橋を開発していく、数年来、名所を加えることと補修のために、また400万元を投資する。そのため断橋は施設が完備、機能のそろっている愛国主義の教育基地と観光地になって、相前後に省と全国の青少年愛国主義教育基地に選ばれて、正式に中国第二陣の百の愛国主義教育模範基地になる。8年来、断橋は共に国内外の観光客の90数万人を受け付ける。

鴨緑江断橋の入場券

鴨緑江断橋の入場券及び開放時間

入場券:20元。

開放時間:8:00-16:00。

鴨緑江断橋の交通

歩き方

タクシーに乗って3キロメートル以内は5元で、3キロメートルを超えた後に、一キロメートルごとに1.8元を加え、車のモデルはSANTANAを主とする。

鴨緑江断橋 観光ホテル

鴨緑江断橋 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號