海王九島

海王九島

海王九島写真

海王九島

観光地の情報: 紹介海王九島は黄海北部の長山列島東北に位置し、北は庄河の15海里離れ、東は鴨緑江口の60海里離れ。遼寧省..

観光地の入場券:海王九島の入場券及び開放時間入場券:最盛期は20元。オフ・シーズンは20元。開放時間:終日。

注意事項:注意事項海王九島は黄海北部の長山列島の東北に位置し、ここの独特な9島風景、豊富な水産資源、清い浜と水..

海王九島観光地図

海王九島をご紹介

紹介

海王九島は黄海北部の長山列島東北に位置し、北は庄河の15海里離れ、東は鴨緑江口の60海里離れ。遼寧省大連市長海県に属する島鎮である。鎮の全体は密度の適している大海王、小海王、痩竜、馬蹄銀、井蛙、ウミガメ、双獅、団円共に9島から構成している。陸域面積は6.9平方キロメートルで、その中で大海王島は4.9平方キロメートルで、鎮の政治、経済と文化の中心である。海王九島の気候がいい、空気が潤んでいて、四季が明らかで、日照が充分で、冬が厳寒なくて、夏が酷い熱ない。海王九島の分布は精巧で、景色が優美で、海食地形、珍しい暗礁と石が多彩で、感嘆させざるをいない。傑出な文学家の郭沫若はかつてここで「汪洋万顷青於靛,小屿珊瑚列画屏」との詩句を書いた。

旅行の最適時間

世界的に有名な避暑観光地の大連は北温帯の季節風型大陸性気候に属して、東北地区の最もあたたかい地域である。年の平均気温は10°Cぐらい、その中には8月が最も熱くて、平均気温は24°C、本日の最高気温は30°Cを超えて10~12日だけある。1月は最も寒くて、平均気温は-5°C、極限に最低気温は-21°Cぐらいに達することもできる。60%-70%の降水は夏季に集中し、多い暴雨、しかも夜雨は日雨より多い。

大連旅行の最盛期は毎年5月下旬の賞槐会と輸出商品交易会から、ずっと9月上旬の国際服装節まで終わっている。この期間、大連はほとんど遊覧客に覆没されてしまった。9月後の半年中で、海水が涼しくなって、人の波が薄くなるが、大連の美しさはべつに天気と人気に従って行かない。遊覧客が行って、魚が帰って来て、9、10月は海岸に魚を釣る逢引きの日である。もう少し寒くなって、氷峪溝の氷灯会が始まった。それとも金石浜の猟場へ猟をして、これをくオフ・シーズン大連旅行の余興番組にしてもいい。

海王九島の特色

特色

海王九島は「海水、日光、砂浜」との現代人海の上で旅行3要素を持ってから、1か所の得難い海上観光地である。

海王九島は美しくて、海王九島は珍しい。大自然の入神のわざ、島には手の尽きなくて珍しい暗礁とおかしい石が至る所にあらせる。黒白石、ソバ礁、獅狍争峰、象は水を吸い込んでいて、刺猥は餌食を捕らえていて、神亀は海を通り抜けていて、羅漢酔酒、サルは日を見ていて、枚挙にいとまがなくて、あるものは井の蛙のようで、あるものは子ヒツジが母を呼びのようで、あるものは巨大な馬蹄銀のようで、あるものは熊岳の望児山のようで、雲南のアシマのようで、桂林象鼻山ようなこと、しかも一か所ごとにすべてすばらしい伝説がある。そのため、ある人はここに各地盛景の博覧会を称賛する。

海王九島の入場券

海王九島の入場券及び開放時間

入場券:最盛期は20元。オフ・シーズンは20元。

開放時間:終日。

海王九島の交通

歩き方

線路1:各地から海王九島景勝地までの距離(キロメートル)。「北京の455、葫芦島の52、錦州の95、盤錦の57、営口の214、大連(全行程の高速)」 

線路2:各地から海王九島景勝地までの距離(キロメートル)。「吉林四平の167、瀋陽の358、大連(全行程の高速)」

海王九島 観光ホテル

海王九島 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號