上海嘉定孔廟

上海嘉定孔廟

上海嘉定孔廟写真

上海嘉定孔廟

観光地の情報:   紹介  南大街183号に位置し、現在嘉定博物館が立っている。  南宋嘉定十二年(1219年)に建てられ..

観光地の入場券:  上海嘉定孔廟入場券及び開放時間  入場券:20元、1.2メートル以下の子供は無料、70歳以上老人は物件..

注意事項:  注意事項  嘉定にいったら、必ず小籠包を食べる。孔廟に行ったら、必ず買うのは古い本。

上海嘉定孔廟観光地図

上海嘉定孔廟をご紹介

  紹介

  南大街183号に位置し、現在嘉定博物館が立っている。

  南宋嘉定十二年(1219年)に建てられ孔子廟の大門に、仰高、育才、興賢の三つの牌楼がある、牌楼に沿った石柱に72の獅子が彫られ、孔子の72の弟子を表すとされている。

  廟内に唐から清までの多くの書、石碑、などが保存されているほか、中国の科挙制度を紹介するコーナが設置され、一見の価値がある。

  廟の前に明の万歴年間に掘られた汇龍潭と呼ばれる大きな池があって、孔子廟と一緒に嘉定のシンボルとなっている。

上海嘉定孔廟の特色

  特色

  坐嘉定鎮南大街の孔寺、及び最新建てたの孔子広場、状元钟は歴史を勉強するの良い所。

  上海嘉定孔寺は南宋嘉定十二年に建てた、780年以上の歴史を持つ、元、明、清三朝代の修理、再建と増建で“呉中第一”の名声です。寺の外に“仰高”、“興賢”、“育才”の三つの牌坊、その牌坊の石欄に72匹石ライオンが、色んな姿で生きているよう。大成殿は寺の主な建築、その建築は凄く雄雄しい、その中に孔子像があり、又は「論語」の全文であり。明倫堂の両側に碑の廊下の中心部分の文字は大きな歴史の価値があり。寺の内の“科挙文物の展覧”その科挙試験体制の1300年の歴史、発展、衰え、消えるの過程と原因を説明し、目の立つのもの。

上海嘉定孔廟の入場券

  上海嘉定孔廟入場券及び開放時間

  入場券:20元、1.2メートル以下の子供は無料、70歳以上老人は物件証拠で使う。

  開放時間:8:00-16:30。

上海嘉定孔廟の交通

  歩き方

  住所:嘉定区嘉定鎮南大街183番。

  交通案内:旅游六番(A线)、沪嘉线(人民広場~嘉定バス客運中心)、沪銭線(威海路延安中路口~嘉定バス客運中心)、新嘉線(上海汽車駅~嘉定バス客運中心)、北嘉線(上海北区バス駅~嘉定バス客運中心)、沪唐線(上海汽車駅~嘉定区唐行鎮)、西嘉線(上海西区汽车駅~嘉定バス客運中心)、北安線(普陀区鎮坪路~嘉定区安亭鎮)、淞嘉線(吴淞码头~嘉定バス客運中心)など。

上海嘉定孔廟 観光ホテル

上海嘉定孔廟 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號