天后宮

天后宮

天后宮写真

天后宮

観光地の情報: 紹介天津の古文化街の通り沿いにある天后宮。俗に娘娘宮とも呼ばれる。創建は1326年(元の泰定3年)。“天..

観光地の入場券:天后宮入場券及び開放時間入場券:3元。開放時間:一日全部。

注意事項:注意事項1、観光地区の注意範囲によって遊覧し、旅行安全のため、範囲を越えないでください。2、旅行に出る..

天后宮観光地図

天后宮をご紹介

紹介

天津の古文化街の通り沿いにある天后宮。俗に娘娘宮とも呼ばれる。創建は1326年(元の泰定3年)。

“天后”とは、海の守り神のこと。もともとは、宋の時代、福建のあたりに住んでいた林名黙という女性が、海に出ては遭難者をことごとく救ったという言い伝えから、のちに海上の女仙人として祭られたことに由来する。以来、漁師や船乗りたちの信仰の対象となった。

天津最適な旅行季節は秋。天津は中緯度のユーラシア大陸の東海岸に位置し、太平洋に面し、季節的環流による影響が著しく、冬はモンゴルからの寒い高気圧にさらされ、北寄りの風が多く、夏は西太平洋の副熱帯高気圧の影響を受け、南寄りの風が多い。天津の気候は暖温帯半湿潤の大陸季節風気候に属し、次のように顕著な陸地から海への過渡的特徴があり、つまり春、夏、秋、冬の四季がはっきりしており、季節の長さが違うこと、降雨が少なく、雨量がアンバランスであること、季節風が強く吹き、日照が十分であること、海に近いが、大陸的性格が強い。年間平均気温は12。3℃、7月は最も暑く、月間平均気温が26℃に達することもあり、1月は最も寒く、月間平均気温はマイナス4℃で、年間平均降水量は550~680ミリ、夏の降水量は年間降水量のおよそ80%を占める。

天后宮の特色

特色

元朝は、大量の食糧を南方から都(現北京)へ輸送させていたが、その際、まず海路で天津まで運び、それから運河をつかって都へと運んでいた。そこで元朝は、海上・航海の安全を祈願するため、海の守り神を祭る天后宮をこの地に建立した。

毎年旧暦の3月23日(天后の誕生日)には、天后宮を含む古文化街一帯で、“皇会”というお祭りが盛大に行われる。龍舞、獅子舞、太鼓、芝居、武術などが上演され、たいへんな賑わいを見せる。

現在、天后宮は民俗博物館として開放されている。

天后宮の入場券

天后宮入場券及び開放時間

入場券:3元。

開放時間:一日全部。

天后宮の交通

歩き方

906、5、829番バスに乗る。タクシーに乗る、3キロまで8元、それ以降は1キロ1.3元。

天后宮 観光ホテル

天后宮 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號