平津戦役記念館

平津戦役記念館

平津戦役記念館写真

平津戦役記念館

観光地の情報: 紹介平津戦役は1948年12月から翌年1月にかけて行われた国共内戦の一つで、人民解放軍の勝利に終わった。東..

観光地の入場券:平津戦役記念館入場券及び開放時間入場券:25元、展覧庁は10元。開放時間:09:00-16:30、月曜休館。

注意事項:注意事項記念館を見学するのは2時間ぐらいかかる。

平津戦役記念館観光地図

平津戦役記念館をご紹介

紹介

平津戦役は1948年12月から翌年1月にかけて行われた国共内戦の一つで、人民解放軍の勝利に終わった。東北地方の遼瀋戦役、徐州地方の淮海戦役と並んで「三大戦役」と称されている。平津戦役紀念館は当時の人民解放軍の健闘を記念して1997年に設立。中央広場の真中に勝利記念碑がそびえ、それを取り囲むように戦車や戦闘機、兵器などの大型の塑像が陳列されている。

天津最適な旅行季節は秋。天津は中緯度のユーラシア大陸の東海岸に位置し、太平洋に面し、季節的環流による影響が著しく、冬はモンゴルからの寒い高気圧にさらされ、北寄りの風が多く、夏は西太平洋の副熱帯高気圧の影響を受け、南寄りの風が多い。天津の気候は暖温帯半湿潤の大陸季節風気候に属し、次のように顕著な陸地から海への過渡的特徴があり、つまり春、夏、秋、冬の四季がはっきりしており、季節の長さが違うこと、降雨が少なく、雨量がアンバランスであること、季節風が強く吹き、日照が十分であること、海に近いが、大陸的性格が強い。年間平均気温は12.3℃、7月は最も暑く、月間平均気温が26℃に達することもあり、1月は最も寒く、月間平均気温はマイナス4℃で、年間平均降水量は550~680ミリ、夏の降水量は年間降水量のおよそ80%を占める。

平津戦役記念館の特色

特色

江沢民の指示により、平成9(1997)年に開館した。平津大会戦の勝利を記念したもの。

平津戦役は、遼瀋戦役、淮海戦役と並んで「三大戦役」とされ、中国共産党の全土掌握過程における輝かしい業績のひとつである。中共党軍は多くの日本軍兵器を手に入れ、国府軍に勝利した。を取り囲むように戦車や戦闘機、兵器などの大型の塑像が陳列されている。

泥人形――天津名物の代表格。中国の風俗、庶民の生活をモチーフにしたものが多く、「古き良き中国」を感じさせてくれる。人気の秘密は、素朴な味わいと多彩な色合い、そしてリアルな造形。人形の立ち居振る舞いや、シワ1本に至るまでの細やかな表情に、伝統のこだわりが見てとれる。

平津戦役記念館の入場券

平津戦役記念館入場券及び開放時間

入場券:25元、展覧庁は10元。

開放時間:09:00-16:30、月曜休館。

平津戦役記念館の交通

歩き方

市バス:37路、47路、616路、637路等

平津戦役記念館 観光ホテル

平津戦役記念館 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號