響水湖

響水湖

響水湖写真

響水湖

観光地の情報:   紹介  響水湖国家2A級の観光地。懐柔区渤海镇大榛峪村の東に位置する。都市まで約85キロメートル。東..

観光地の入場券:  響水湖入場券及び開放時間  入場券:20元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項   アドバイス    青々とした山と川の間で旅行して歩くことをマスターします。。..

響水湖観光地図

響水湖をご紹介

  紹介

  響水湖国家2A級の観光地。懐柔区渤海镇大榛峪村の東に位置する。都市まで約85キロメートル。東直門長途駅から916番のバスに乗って、懐柔国際会議センターまでバスを乗り換えてすぐ到着します。自分で車を運転する場合は京密高速道路に沿って懐柔に入って、沿慕田峪の方向を沿ってから、慕田峪环島を通りすぎたら西へ約13キロメートルを走ってすぐ到着する。長城、古洞、山と川、泉、淵、滝に集まる一体の旅行観光地。1998年からお客にオープンする。
  
  観光地の敷地面積は18平方キロメートル。長さは5キロメートルがある。主なの景色は响水湖、磨石口長城と連雲岭長城。観光地の北部の响水湖は大きい水域ではないですが、泉の元。泉が湧き出る水の流量が大きいから、千メートル以外にも、泉の音を聞くことができますので、响水湖と言われる。明朝の長城は観光地の山に回りました。こちらの長城は古長城磨石口関、明朝の永乐2年(1404)に建って、今までもう600年ぐらいの歴史があります。明朝の万历年間に、ここに水关を建って、“瓮城”と言われる。そして、二重の門が設置するので、“双关子”も言われます。古い長城の中に珍しい关口。現在保存するのが比較的完備しています。关内は明朝の万历戌寅年(1578年)の時、录宝县人许茂杞が懸崖に彫刻の“天设金汤”の4つ大きな字がある。1973年に水利部はここに高さは33メートル、長さは112メートルのダムを作る。古風で質朴な長城に更に壮観にならせます。毎年の3―4月に観光地は春季の植樹活動を催して、9―10月に秋の葉を観賞し、摘みとることを与える。

響水湖の特色

  特色

  響水湖——京の町ずれはまた1か所のとりわけ恵まれて、美しくて有名な観光地。懐柔の慕田峪長城の西に位置して、県政府まで28キロメートル。総面積は18平方キロメートル、長城、古洞、山と川、泉潭、飛瀑に集まる一体の天然の美しい。
  
  響水湖は明朝の長城建关筑堡の谷の中に、両側の谷、峰が重なり合って、怪石峥嵘、苍桑を経ても元々の姿はまた残っている万里の長城。竜が飛びそうに、雲まで届き、すばらしいです。明朝の懸崖の彫刻も古い要塞に威厳を加えます。そして、自然の連雲洞と图腾阁は神の手のような知らずまで、興味を尽くすことがありません。沸いて出る水は山頂から飛んできて、50メートル落差がある滝に形成して、銀河から飛んでくるように美しい、見た後気分が爽やかになる。
  
  観光地に峰続き、泉がさらさら、果実の林がいっぱい、花と草は長く続き、空気が清新です。暖かい春は、山野の花が咲き乱れて、花の香りは人にあふれる。盛夏、林がいっぱい、目の中にすべて緑。金色の秋、実が多くて、紅葉がいっぱいな山。厳冬、銀装で巻いて、氷河のように。

響水湖の入場券

  響水湖入場券及び開放時間

  入場券:20元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

響水湖の交通

  歩き方

  東直門から916番、936番のバスに乗って、懐柔国際会議センターまでバスを乗り換えます。汽車:1、北京駅から郊游1次汽車に乗る(朝8:32発車)、北京北駅から郊游3次汽車に乗る(朝7:13発車)懐柔北宅駅まで降ります。他の方法:自分で車を運転する場合は、京密道路から懐柔に入って、慕田峪の方向へ慕田峪環島まで走って、次は西へ8キーロー走ったらすぐ到着します。

響水湖 観光ホテル

響水湖 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號