潘家園旧貨市場

潘家園旧貨市場

潘家園旧貨市場写真

潘家園旧貨市場

観光地の情報:   紹介  北京市商務局と朝陽区人民政府はこのほど、潘家園旧貨市場(骨董市場)で命名式と開業式を行い..

観光地の入場券:  潘家園旧貨市場入場券及び開放時間  入場券:不詳。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする..

注意事項:  注意事項   北京城市が大きい、車も多い、北京の運転手は交通秩序を守るけど、渋滞やすい。特..

潘家園旧貨市場観光地図

潘家園旧貨市場をご紹介

  紹介

  北京市商務局と朝陽区人民政府はこのほど、潘家園旧貨市場(骨董市場)で命名式と開業式を行い、北京潘家園旧貨市場を「北京市特色市場」と命名した。

  北京潘家園旧貨市場は主に骨董品、工芸品、装飾品などを扱い、400余りの商店が並ぶ。各店主は国内10数省・市から集まっており、国内外に知名度と影響力を持つ骨董芸術品交易市場だ。

  北京は典型的な温暖な半湿,大陸性季節風の気候で、四季がはっきりしていて春,秋が短く夏,冬が長い。年平均降水量が626mlで雨は夏の梅雨に集中的に降る。北京の平均日朝時間は2700時間で比較的に太陽熱資源が豊富な地域である。夏が暑く雨が多く降る方で冬は寒さが厳しく乾燥である。無霜期間は180~200日。

潘家園旧貨市場の特色

  特色

  北京市内の南東部に位置する潘家園。北京で一番大きな自由市場。骨董品、アンティーク家具、古書、インテリア雑貨とありとあらゆる物が売られている。すべてを見て回るには1日かけても足りないくらい。週末は特に活気があり、早朝からたくさんの人が集まってくる。おみやげを探しに来ている外国人の姿を見ることも多い。中国らしさを感じるスポットのひとつ。陶器や掛け軸、古い家具、小物など、ありとあらゆる骨董・雑貨がここに集まっている。あまりにも多いので、全部まわるには半日がかりになってしまいそうなので、心の準備が必要!

  面白いものでは、例えば文化大革命時代に使われていた様々なもの。毛沢東語録、ポスター、バッチ、革命歌劇の写真集などもある。また、これは骨董ではありませんが、雲南省出身の少数民族の人達をここでよく見かける。売っているのは少数民族の手織りのポシェット、テーブル・カバーなど。刺繍の施されたも美しい。

潘家園旧貨市場の入場券

  潘家園旧貨市場入場券及び開放時間

  入場券:不詳。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

潘家園旧貨市場の交通

  歩き方

  28路、34路、36路、300路、368路、713路、802路、627路、特8路に乗る。

潘家園旧貨市場 観光ホテル

潘家園旧貨市場 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號