北京歓楽谷

北京歓楽谷

北京歓楽谷写真

北京歓楽谷

観光地の情報:   紹介  4年の建設期間を経て完成した大型遊園地「北京歓楽谷」が、夏休みに入る前の7月9日に一般公..

観光地の入場券:  北京歓楽谷入場券及び開放時間  入場券:60元。  開放時間:18:00-22:00。

注意事項:  注意事項   旅の日常用品について、下の重要点がある。着物のほか、目覚し時計、旅程 表、帽..

北京歓楽谷観光地図

北京歓楽谷をご紹介

  紹介

  4年の建設期間を経て完成した大型遊園地「北京歓楽谷」が、夏休みに入る前の7月9日に一般公開される。すでに営業中の深セン、計画中の上海、成都の歓楽谷とともに、「テーマパーク」の一大チェーンが出来上がる。

  北京の南東、四環路四方橋にある北京歓楽谷は、敷地面積100万平方メートル。三期に分けて、順次建設され、全部で120余りのアトラクションが設置される。今夏、一般公開される予定の"第一期分"は「文芸公演」、「大型アトラクション」、「ゲーム」、「食事・ショッピングセンター」など。

  北京は典型的な温暖な半湿,大陸性季節風の気候で、四季がはっきりしていて春,秋が短く夏,冬が長い。年平均降水量が626mlで雨は夏の梅雨に集中的に降る。北京の平均日朝時間は2700時間で比較的に太陽熱資源が豊富な地域である。夏が暑く雨が多く降る方で冬は寒さが厳しく乾燥である。無霜期間は180~200日。

北京歓楽谷の特色

  特色

  約56万平方メートルのパーク内には、百以上の彫刻や壁画があり、ギリシャ風の町やヨーロッパの小楽団のようなステージを再現して、まるでその地にいるかのような気分を味わせてくれる。

  来場者は物語の中に入り込みながら遊ぶ。以前から知っているジェットコースターやウォーターシュートでもストーリーが加わることによって、より面白く神秘的なものとなり、現実か幻かという感覚に酔いしれるのだ。

  一方、今のテーマパークは文化を盛り込むことが重要だと強調しているのにもかかわらず、繁雑なテーマ景観のなか、かえって文化が不足していると考える専門家もいる。米国のディズニーランドが人気なのは、各ストーリーが幼少時代を思い起こさせるからだ。しかし今の中国のテーマパークは、海外の様々な民族の伝説や童話は導入しているものの、中国自身のものは欠けている。中国人が幼い頃からよく知っている物語や伝説、神話などが少なく、これは欠点と言わざるを得ないと指摘する。

北京歓楽谷の入場券

  北京歓楽谷入場券及び開放時間

  入場券:60元。

  開放時間:18:00-22:00。

北京歓楽谷の交通

  歩き方

  観光区へ行くバスがある。

北京歓楽谷 観光ホテル

北京歓楽谷 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號