懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区写真

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区

観光地の情報:   紹介  紅螺寺は北京郊外懐柔県懐柔区内、紅螺山の南山麓にある。市内中心部からは北へ約50km(公共バ..

観光地の入場券:  懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区入場券及び開放時間  入場券:紅螺寺は20元、紅螺寺観光区は15元。  開..

注意事項:  注意事項   許可なく、廟(ゴンパ)に入ることは慎んでください。廟内では、禁煙となります。..

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区観光地図

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区をご紹介

  紹介

  紅螺寺は北京郊外懐柔県懐柔区内、紅螺山の南山麓にある。市内中心部からは北へ約50km(公共バスで2時間弱)といった距離なので日帰りで楽しめるスポット。車があるならば、慕田峪長城が近くにあるので寄ってみるのも良いだろう。面積6k㎡という大規模な境内には、山林、渓谷、五百羅漢、遊園地など見所がたくさん。また山頂には観音寺(同じ入場券でOK)があるので足を伸ばしてみて欲しい。秋は紅葉が素晴らしい。

  古くから中国仏教の聖地とされてきた紅螺山に、お寺が創建されたのは東晋時代348年。その後、唐代に高僧鄧隠峰によって、山林の整備と建物の拡大がなされ現在の規模となった。明代になると自然の美しいことから貴族達に重用され、数回の修復が行われて今に至っている。1923年に中国三大僧侶に選ばれた普泉僧侶がいたことでも有名。

      北京は典型的な温暖な半湿,大陸性季節風の気候で、四季がはっきりしていて春,秋が短く夏,冬が長い。年平均降水量が626mlで雨は夏の梅雨に集中的に降る。北京の平均日朝時間は2700時間で比較的に太陽熱資源が豊富な地域である。夏が暑く雨が多く降る方で冬は寒さが厳しく乾燥である。 無霜期間は180~200日。

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区の特色

  特色

  伝えによると、寺院の裏山に二条の虹がかかり、紅色の光を放った。村人たちは神の虹だと噂し、紅螺寺と名づけたという。

  北京市内から東北へ約57キロ。創建は348年、原名は大明寺、明正統年間(1436-1449)に護国資福禅寺と改名。

  裏山に畳翠亭を経て観音寺までの山道が整備され、周囲は休暇村を含む観光地となっている。寺院の右手には石像の五百羅漢園がある。その石像が全て真新しく最近の力作である。古来ここに多くの五百羅漢が伝わっていたのであろうが、その伝わってきたままの五百羅漢を拝観したいものだ。そんなこともあって、寺院の古さをまったく感じない。まるで1,2百年前に建てられた寺院のようなのである。そして、僧侶が見えないこともあって、寺院の感覚が無くなってくる。

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区の入場券

  懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区入場券及び開放時間

  入場券:紅螺寺は20元、紅螺寺観光区は15元。

  開放時間:07:00-18:00。

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区の交通

  歩き方

  東直門バス乗車916路懐柔乗り換えタクシーあるいは遊覧バス6、16路直通。

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区 観光ホテル

懐柔紅螺寺慧縁谷生態観光区 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號