天壇

天壇

天壇写真

天壇

観光地の情報:   紹介  天壇は圜丘、祈谷の総称、敷地面積は273ヘクタールがあり、故宮の約4倍の広さにあたる。天壇の..

観光地の入場券:  天壇入場券及び開放時間  入場券:最盛期は15元、閑散期は10元。  開放時間:詳しくは名所の従業員..

注意事項:  注意事項   1、山登りのとき、ビニール靴やスリッパや革靴などを履かないで、心地良く滑るの..

天壇観光地図

天壇 観光地写真

天壇をご紹介

  紹介

  天壇は圜丘、祈谷の総称、敷地面積は273ヘクタールがあり、故宮の約4倍の広さにあたる。天壇の建築配置は“回”の形に呈してる、敷地の壁は北側が半円形、南が方形であり、これは古代中国の「天園地方」(天は丸く、地は四角い)の象徴。斋宮、圜丘壇、祈年殿、长廊、万寿亭、回音壁、三音石、七星石と古柏などの名所旧跡。

  北京は典型的な温暖な半湿、大陸性季節風の気候で、四季がはっきりしていて春秋が短く夏、冬が長い。年平均降水量が626mlで雨は夏の梅雨に集中的に降る。北京の平均日朝時間は2700時間で比較的に太陽熱資源が豊富な地域である。夏が暑く雨が多く降る方で冬は寒さが厳しく乾燥である。無霜期間は180~200日。

天壇の特色

  特色

  天壇は北京の“天地日月”壇などのリーダー、わが国と世界で古代祭についての建築の中で最も大きい、明の永楽18年に北京の建設の際に明の永楽帝が天地壇として建設を開始、典型な壇廟、明清二代の皇帝が天を祀り谷豊作を祈う場所。毎年初春谷を祈り、初夏雨を祈り、初冬天を祈る。フレームワークからしても、力学からしても、いづれも天壇では抜群、すばらしい建築だ。現在は公園になって開放している、昔の皇家の壇廟はすでに北京市特色な旅行公園になった。

天壇の入場券

  天壇入場券及び開放時間

  入場券:最盛期は15元、閑散期は10元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

天壇の交通

  歩き方

  6、15、17、20、35、39、54、106、120、122、803、特8路に乗る。

天壇 観光ホテル

天壇 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號