上海古猗園

上海古猗園

上海古猗園写真

上海古猗園

観光地の情報:  上海古猗園は上海市西北郊嘉定区南翔鎮、市中心と21ヘクタールを離れてる、上海に最も古い庭園の一つ、江..

観光地の入場券:暫く詳細な資料がございません

注意事項:ご注意

上海古猗園観光地図

上海古猗園をご紹介

 上海古猗園は上海市西北郊嘉定区南翔鎮、市中心と21ヘクタールを離れてる、上海に最も古い庭園の一つ、江南にも有名な庭園の一つ。

  上海古猗園,明の嘉靖万歴年間(1522-1573)に作られたブライベート庭園が始まり、元々は奇園(すばらしい園)と呼ばれていたが、清代に入ってから大改築され、名称も「古くて素晴らしい」古猗園と改称され。明の嘉定竹彫る家である朱三松氏により丹精を込めて設計され、「10ヘクタールの園」の規模で、園内の至る所に竹の美しさが生かせれている、園内の亭、台、やぐら、高殿、東屋などの建物はどこにあっても水に映えている。以後400年の間、庭園の主が入れ替わり、増改築が繰り返されていた、清の乾隆11年(旧暦1746年)に古猗園に改名され、今日に至っている。

  奇岩や池、丘、竹林などを配した、江南独特の庭園を楽しむことができる。南側の入り口から中に入ると、子供が遊んでいたり老人たちが太極拳をしている、外部からきたものにとっては観光地のひとつかもしれないが、地元民にとっては大きな公園といったイメージなのでしょうか。おばさま方が集って歌の練習をしていたり、おじいちゃんが優雅に舞っていたり、それぞれ思い思いの方法で休日を楽しむ人たちの姿が見られる。穏やかな池上を渡る石橋や、緩やかにカーブする小径をふたり、ゆっくりと歩む。

 築山の上にはお堂があったり、葉擦れの音がサラサラと心地よい竹林、鵞鳥が遊ぶ池や小川など、いろいろな情景がギュッと詰めこまれている。古い文化財や石に刻まれた詩、盆栽の展示なども目を楽しませてくれる。少し薄暗い店内に歩き疲れたであろう老人たちが、お茶や茶菓子などをつまみながら、おしゃべりやトランプを楽しんでいる。

   上海古猗園の名物は桂花藕粉と小籠包であり、もともとは杭州西湖の名物だという桂花藕粉。レンコンのでんぷんをお湯で溶いてとろみが出たところで金木犀の砂糖漬けを散らした、とってもあたたかいデザート。薄いピンク色のついたとろみのある湯をすくって、そっとひとくち含めばふんわりとした金木犀の香りが広がり、ほのかな甘味が気分を落ち着けてくれる、ゆったりとした時間の流れる茶店で頂く、心も身体もあたたかくなる甜品。

上海古猗園の特色

  実はここは有名な南翔小籠包の発祥地である。遠くから南翔小籠包の看板がずらりと見えてきた、古猗園に入るとまず南翔の小籠包の店。1871年南翔鎮に住んでいた黄賢明さんが天秤で大きな肉まんを担いで、古猗園の前で売り始めた。商売が繁盛になり、ほかの村民も真似て、他の村民も真似て、みんなここで大きな肉まんを売るようになった、同じものだと、売れにくいので、黄賢明さんは皮が薄く、具の大きな小籠包を発明した。

  具は豚肉以外に竹の子や蟹など旬な物を使った、皮は50gで10個を作り、一個に14個のしわ、黒いくわいの形、半透明な色まで追求した。出来上がった小籠包を取り出して、ちさいな取り皿にのせ、皮を破って出した汁がちょうどうこの皿に満ちれば最高の品だといわれる。

  ここは400年前の公園、改築され、正式に今の名前になったのはちょうどう360年前、個性的立派な公園でしょう、「AAAAの国家旅行」にもなってる。どう、興味がわいてるの、早くここに遊びにきて、古猗園によこそう!

住所:沪宜路218号
郵便番号:201802
電話:59121535
ファックス:59122225

上海古猗園の入場券

暫く詳細な資料がございません

上海古猗園の交通

暫く詳細な資料がございません

上海古猗園 観光ホテル

上海古猗園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號