翠螺山

翠螺山

翠螺山写真

翠螺山

観光地の情報:   紹介  最適な旅行時間は10月。この間、馬鞍山は秋空が高く空気がすがすがしい、同時に中国国際吟詩節..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:詳しくは名所の従業員に問合せする。  開放時間:詳しくは名所の従業..

注意事項:  注意事項  1.山登る時硬い靴を着ないほうがいい、軽便な運動靴、布靴を履いたほうがいい、最好再穿..

翠螺山観光地図

翠螺山をご紹介

  紹介

  最適な旅行時間は10月。この間、馬鞍山は秋空が高く空気がすがすがしい、同時に中国国際吟詩節と中国詩歌節を行う。

  馬鞍山は北亜熱帯湿潤性気風気候を属し、四季がはっきりしている、年平均温度は15.9℃、馬鞍山の每年一番寒いのは1月、平均温度は2.9℃、もっとも熱いのは7月、平均温度は28.3℃、同時に、7月も一年中雨量が一番多い月、出かける時傘を用意したほうがいい。

  每年九月九日重陽節に馬鞍山は中国国際吟詩節を行う、唐代大诗人李白を記念すると民族文化を発揚する、また、馬鞍山は2005年10月下旬に一番中国詩歌節を成功に行った、中国伝統な詩歌文化を発揚する同時に、詩歌の愛好者に交流と勉強の機会を提供した、世界各地の人々を引き付けている、特に日本、韓国、シンカポル、アメリカなどの中国詩歌愛好者。

翠螺山の特色

  特色

  1500年余り前、中国山水詩の鼻祖謝朓さんはその《游青山》中で馬鞍山は“山水都”と言われ、“九山環一湖、翠螺出大江”の山水名勝、馬鞍山“東辺山林西江辺、半城湖光半城山”の独特な風采を現している。

  山水のことで、詩歌を造った。中国“詩仙”李白の一生は中華の名山大川を遊歴していた、最後大青山は自分生命の隠れとした。それ以降白居易、劉禹锡、杜牧、蘇轼、文天祥など300位ぐらい古代著名な詩人は馬鞍山のために多くの文章を作った。今ロマン気分がある馬鞍山の人はこの詩を持ってる土で17届“中国国際吟詩節”と一番“中国詩歌節”を創立した。余秋雨は《三台閣題記》の中で書いた、“長江はここに流れた、もう自分は世間一流な証明することができる。”

翠螺山の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:詳しくは名所の従業員に問合せする。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

翠螺山の交通

  歩き方

翠螺山 観光ホテル

翠螺山 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號