李鴻章故居

李鴻章故居

李鴻章故居写真

李鴻章故居

観光地の情報:   紹介   合肥生まれの李鴻章については、以前旧居と足跡をご紹介した。今回は彼と夫人の墓園。..

観光地の入場券:  李鴻章故居入場券及び開放時間  入場券:20元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項   合肥は安徽省の省会、安徽各地のお土産特産と手製の工芸品はここに買うことができる。毛..

李鴻章故居観光地図

李鴻章故居をご紹介

  紹介
 
  合肥生まれの李鴻章については、以前旧居と足跡をご紹介した。今回は彼と夫人の墓園。合肥市の南東に位置し、東二環路から南東に延びる合祐路に面している。敷地面積は13000平方m、建築面積は3000平方mだそうで、個人のお墓としては、びっくりするほどの規模。

  安徽省では故郷に錦を飾るのにこのような牌坊(鳥居のような建造物)を建てる風習だったそう。

  ここは1906年に李一族による李鴻章祭祀の目的で建てられ、1985年に合肥市市級重点文物保護単位に、2004年に安徽省の文物保護単位に指定されたそう。

   最適な季節は每年4ー10月。合肥は亜熱帯気風湿潤モンスーン気候区に属し、四季がはっきり分かれ、気温は温和で、雨は適度に降り、春は気温が変わりやすく、秋はすがすがしく、梅雨もあり、夏に集中して雨が降る、というのが特徴です。年間平均気温は約15.7度、年間降水量は約1000ミリに達します。1月の平均気温は-1~4度で7月の平均気温は27~29度。平均降雨量は750~1700ミリとなっています。気候は淮河を境に北は暖温帯半湿潤気候、南が北亜熱帯湿潤気候に分れています。

李鴻章故居の特色

  特色

  合肥は「包公の故郷」と言われた。威厳あふれる姿、公平無私の裁きを行い、弱きを助け、強きをくじくその清官は包公の故郷はここにある。綺麗な包河公園内に包公祠と包公の墓が建っている。億万炎帝と黄帝の子孫は世代世代包公を懐かしく思う、もっと多く清官がいる美しい願いを期待しております。

  包公と言えば、まず中国人で知らない人はいないでしょう。政治家、というより文官の中で、ひょっとすると中国史上、知名度はナンバー1かもしれない。諸葛孔明ですら、ある意味では及ばないかもしれない。それほどよく知られている。包公は合肥の誇りだけでなく、中華民族の誇り。

  真っ黒な顔に、額に三日月のような傷の、威厳あふれる姿、公平無私の裁きを行い、弱きを助け、強きをくじくその清官ぶりは、「包青天(パオチンティエン)」と呼ばれ、テレビドラマや映画でもおなじみの存在。これは、おそらく京劇での姿が定着したもののよう。ちなみに、包公というのは、尊称であり、本名は包拯。

李鴻章故居の入場券

  李鴻章故居入場券及び開放時間

  入場券:20元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

李鴻章故居の交通

  歩き方

  タクシーの初乗り2.5キロまで基本料金が6元、夜間(23:00—05:00)初乗り2.5キロまで基本料金が7.2元、それ以降シャレ—ドなら1キロ1元、夜間1キロ1.2元、サンタナ、シトロエンなら1キロ1.2元、夜間1キロ1.44元。

李鴻章故居 観光ホテル

李鴻章故居 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號