包公祠

包公祠

包公祠写真

包公祠

観光地の情報:   紹介   正式名称は、“包公孝粛祠”、合肥市の市街地の周りの南路東段に小高い丘にある。包公..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:50元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項   合肥は安徽省の省会、安徽各地のお土産特産と手製の工芸品はここに買うことができる。毛..

包公祠観光地図

包公祠をご紹介

  紹介
 
  正式名称は、“包公孝粛祠”、合肥市の市街地の周りの南路東段に小高い丘にある。包公園の主要な建築群である。明弘治の元年(1488年)、廬州府知事の宋鍳は、包公書院を改築して建てたので、包公祠という。この小高い丘も“香花墩”という雅号がある。

  包公祠は、宋竜図が内閣の学士、礼部の次官、開封府の長官で包文拯の公祠となったことを記念してたてられた。祠は白壁と青瓦で構築され密閉式で三方を家屋で囲った構造になっている。主な建物は包公亭堂、包公の高くて大きい塑像、壁には黒石の包公の刻像が埋め込まれている。“威厳”を表現した像である。“公正無私”という感じの包拯の黒い顔が凛として、正しい気風を表している。亭堂の西側に高殿の曲がった長い廊下がある。東側の十六角の龍井亭が聳え立っている。内側には、古井戸があり、“廉泉”という。亭欄や棟木、最上に浮龍が彫られており、晴れた空の昼間、龍の影が井戸の底に映り、井戸の水が揺れ動いて、まるで龍が舞っているようだ。この井戸は、“龍井”と呼ばれている。清末の挙人、李国葦をよって《井亭記》が伝えられた。“それとも孝粛祠の井戸廉泉、汚れた者がこの水を飲んで頭が痛くなったのか、知るよしもない”と、取りざたした。世間の人は“廉泉”と改名した。その祠の四方を水に囲まれ、正門は南を向き、西の廊下には包氏の支譜、遺物、包公の家訓と墨跡、及び歴史の記録等の資料を陳列している。祠の周りは川で囲まれており、紅花レンコンが生息し、途切れが無く、“包氏は、まっすぐに道を進み、無私であり、よって物事は最後まで成し遂げる”、そのためこのような佳話が伝わる。

  包公祠の面積は、1ヘクタール、大殿、二殿、東西配殿、半壁(半分)廊、碑亭で構成されている。風格は古風で、厳粛である。祠内の展示品は包公の銅像、龍、虎、犬の銅の押しきり、包公の訴訟事件を裁く像、《開封府題名記碑》という、包拯の歴史書の演義などの文化財の史料。包公祠は正殿、回瀾軒、清心亭、直道坊、東軒などの建築物がある。祠の両側の外の廊門に“廉頑”、“立懦”この4つの人目を引く大きな文字が刻まれており、“包公孝粛祠”の黒漆の大門の上に、下地は赤で金色の文字の対聯“忠賢将相”、“道徳傅家”が掛かっている。

     最適な季節は每年4ー10月。合肥は亜熱帯気風湿潤モンスーン気候区に属し、四季がはっきり分かれ、気温は温和で、雨は適度に降り、春は気温が変わりやすく、秋はすがすがしく、梅雨もあり、夏に集中して雨が降る、というのが特徴です。年間平均気温は約15.7度、年間降水量は約1000ミリに達します。1月の平均気温は-1~4度で7月の平均気温は27~29度。平均降雨量は750~1700ミリとなっています。気候は淮河を境に北は暖温帯半湿潤気候、南が北亜熱帯湿潤気候に分れています。

包公祠の特色

  特色

  祠堂の南西の流芳亭、包公が幼い頃によく読書に来たと伝えられ、記念されている。祠堂の東南の角廉泉亭、亭の中に井戸があり、亭の内の石壁に《香花墩井亭記》と刻まれている。ある太守がここの泉の水を飲んで、頭が割れるように痛くなった。もと彼は汚職官吏だった、何人かの挙人はこの水を飲んで、蜂蜜のように甘い水だと感じた。彼らはすべていい人だった。それゆえに井戸は“廉泉”という。合肥は現在“廉泉”のビールを生産している。包公に対する懐かしさと崇敬の気持ちを表した。

  亭の外を囲む川に関して一つの物語がある:仁宗皇帝封包公拯が竜図閣大学士の頃、盧州の地区の半分をかれに与えた。なんと包公は、“私が役人になるのは国家と人民のためで、褒美が欲しいからではない。だから私は要らない。”仁宗はこの事を聞きひそかに称賛した。しかし、少しも褒美を与えないことを、心の中で気にかかっていた。そこで:“それなら包家の門前のあの人工の川をあなたにあげよう!”包拯は考えた。:川は田畑と違って、分けにくくて、売りにくい。財産にはならないが、貧しくなるとも言えない。そこで、感謝して受け入れた。奇怪だと言われる、この土地のレンコン、繊維はとても多く、その上レンコンの断面も糸が切れない、しかし包の中のレンコンは、糸はとても少なくて、人々は、これは包公の無私が原因だと言う。

  回瀾軒は正殿の西、東、北に水と隣接している。昔、官吏の頃、文人の避暑地で宴会の場所であった。それ以外に、包公祠の中にある“直道坊”と“清心亭”がある。包公は、《題郡斎壁》の中の詩に:“心が清らかになるため根本的に治す、まっすぐな道は自らが計る”彼が清廉は世の中を直すのは、根本的に正直な人が基準だ。だから包公祠は1つのとても特色がある観光の景勝地だけではなく、また人のよい地方を含んで教えるのだ。

  包公祠の内に人を引付ける刻石がある。1973年4月合肥市の東の郊外で包公の墓中を徹底的にから整理した。“宋枢密副使、贈呈孝粛包共同墓地包銘”と石に刻み、この墓誌銘は《宋史・包拯伝》を刻んでいっそう詳しく包公の一生を述べて、歴史を補足する作用ができ、きわめて貴重である。碑の中で包公は多くの情け容赦ない出来事を記述し、曲がったことの嫌いな彼の事柄が記されている。その中に事件が記されている。:包公は郷里の任廬州府知事の時に、“故人、親、親戚絶対”だと思われていた。その時、彼の親戚は法を犯して、府へ人から訴えられていた。包公は公正無私で、法律に基づいて処分し、彼は、うちのめされた。;張尭は仁宗の妃、張貴妃の叔父で、無徳無能で、親戚の関係だけで、仁宗は彼に4つの軍事と政治の要職を与える。仁宗皇帝の親戚への思いやりに対して、包公はもっぱら《身内のものは降りて欲しい》と上奏した。後に、後で彼はまた続けざまに上奏文を送り、詳しい陳述をした“しばしば偽りを言って恩をかうことは、私の心にそむくことになる”:“嘘ばかりで、威を損なう;かたくなに背くこと、世を乱す兆しにある”包公によって強くいさしめられたため、ついに仁宗の“感其忠懇”誠意を持って忠告を受け入れ、張尭助の職を剥奪した。

  河南の開封の観光客は、包公の残された跡を訪れたいと思っていたが、開封が何度も黄河に水浸されるため、現在唯一1つの碑石だけが残っているだけである。北宋の“開封府題名記”の碑で、今開封市の博物館内で保存されている。碑には、北宋の開封府の一代目から最後までの府知事の183人の姓名と就任した時代が記されている。包拯が法律に厳格公正なため、大衆の尊敬の念が深く、人々が碑石を見学する時いつも彼の名前のなぞり、称賛した。このきわめて深い指の跡から、包公への人民の心の中の位置を見抜くことができる。

包公祠の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:50元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

包公祠の交通

  包公祠歩き方

  6路、11路、28路、47路、110路。

包公祠 観光ホテル

  • 合肥翡翠湖迎ホテル

    合肥翡翠湖迎ホテル

    五星レベル 合肥経済技術開発区 宿泊料金:-

      合肥翡翠湖迎賓館位于安徽省合肥市經濟技術開發區,坐擁風景如畫的翡翠湖,占地358畝,10分鐘內可到達安徽國際會展中心,距離合肥駱崗機場只有20分鐘車程。  合肥翡翠湖迎賓館由6棟風格各異的貴賓樓組成,總建..

  • 合肥金地公寓賓館

    合肥金地公寓賓館

    二星及び以下 合肥包河地区 宿泊料金:-

      金地公寓賓館位于合肥市馬鞍山路金地國際城,全新高檔電梯公寓。正規的物業管理,個性化的專業服務保証你入住安全舒適。公寓周邊配套設施完善,附近是華聯,家樂福等大型商場環繞四周。交通出行也極其方便,到市..

  • 合肥新貴都娯楽ホテル

    合肥新貴都娯楽ホテル

    二星及び以下 合肥濱湖新区 宿泊料金:-

    合肥新貴都娯楽ホテルは安徽新貴都都市ホテル管理会社が属しています。

  • 合肥瑞晶商務旅店

    合肥瑞晶商務旅店

    二星及び以下 合肥廬陽区 宿泊料金:-

      合肥瑞晶商務旅店座落在交通便利的市區一環路上,毗鄰安徽最豪華的寫字樓財富廣場。標准客房、套房配以優雅時尚的家具,可以充分感受到國際全新快捷酒店標准,所有客房均配備有國際直撥電話、迷你吧、免費寬帶上..

  • 赤闌橋文華酒店

    赤闌橋文華酒店

    二星及び以下 合肥包河地区 宿泊料金:-

      赤闌橋文化酒店是一家集旅游、度假、商務、休閒文化于一體的綜合性酒店。酒店位于合肥市蕪湖路與桐城路交叉口,是南宋著名詞人姜夔的舊居地。“我家曾住赤闌橋,鄰里相過不寂寥。君若來時秋已半,西風門巷柳蕭蕭..

包公祠 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號