小尖山

小尖山

小尖山写真

小尖山

観光地の情報:   紹介   最適な旅行時間:每年の4-10月。  晋城は暖温大陸性気風気候、冬は長くて夏は短い..

観光地の入場券:  入場券及び開放時間  入場券:不詳。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項   悪い天気の時危険な地区を離れる  雷雨、台風、熱帯嵐、泥石流、洪水、津波など..

小尖山観光地図

小尖山をご紹介

  紹介
 
  最適な旅行時間:每年の4-10月。

  晋城は暖温大陸性気風気候、冬は長くて夏は短い、気候が暖かく温度は四季分明してあり、雨と熱いは同期。年平均気温は年平均気温7.9-11.7℃、年平均降水は650ミリぐらい。

小尖山の特色

  特色

  晋城の古称は沢州である華夏文化の発祥地の一つである。伝承では女媧氏、神農氏、尭、舜、禹などが晋城で活躍していた。晋城が史籍に初めて登場するのは隋代の583年である。隋はこの地に沢州を設置し唐代に晋城県として独立、明代に沢州に併合されたが、清代に再び鳳台県が独自に設置され、中華民国が成立すると1912年に晋城県と改称された。

  中華人民共和国が成立すると1958年に晋城、高平、陵川の三県を合併し晋城県が誕生した。1983年7月に県級史に昇格し、1985年5月には晋東南地区の廃止に伴い地級市に昇格、高平、陽城、沁水、陵川の四県と合併し古代の沢州とほぼ一致する現在の行政区域が誕生した。

小尖山の入場券

  入場券及び開放時間

  入場券:不詳。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

小尖山の交通

  歩き方

  晋城市区タクシーは二種類を分けている、類別によって、料金も違う。一類例えばサンタナ、シトロエン、ジェッタ、奇瑞、ボーラなど昼は2キロまで基本料金が4元、それ以降1キロ1.2元。夜間は2キロまで基本料金が5元、それ以降1キロ1.4元。二類例えばシャレード、カモシカ、吉利、千里馬、フォ—ドなど昼は2キロまで基本料金が4元、それ以降1キロ1元。夜間は2キロまで基本料金が5元、それ以降1キロ1.2元。

小尖山 観光ホテル

小尖山 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號