応県木塔

応県木塔

応県木塔写真

応県木塔

観光地の情報:   紹介  山西省応県「仏宮寺」内にある、高さ63mの「応県木塔」は、中国で最も古く、高い木造の塔であ..

観光地の入場券:  応県木塔入場券及び開放時間  入場券:61元(1元保険を含む)。  開放時間:7:00—19:00。

注意事項:  注意事項   大同は石炭町、空気が汚くて、天は陰鬱である、ちょっとの間、手と顔は黒くなる、..

応県木塔観光地図

応県木塔をご紹介

  紹介

  山西省応県「仏宮寺」内にある、高さ63mの「応県木塔」は、中国で最も古く、高い木造の塔である。正式には仏宮寺釈迦塔といい、人々からは応県木塔と呼ばれ親しまれている。全塔木造で、造りが広壮で細密である。現存する中国最古の木造仏塔であり、中国建築史上至宝の塔のひとつである。 塔面は8角形、実際は9階建てだが、外から見ると5階建てのようにみえる構造である。頂上まで登ると、町全体を見渡すことができ、天気の良い日は遠方の「恒山」も見える。国内の名塔と比べると、彫刻による装飾が少ないのが特徴だ。

  一階南門には、高さ約10mの「釈迦像」、上には「藻井」と呼ばれる美しい装飾が施されている。壁には6体の「如来仏像」や「金剛」「天王」等が描かれ、中でも三人の「女供養人」の壁画が素晴らしい。2階以上の各階にはそれぞれ像が奉られている。その他、題記も多く残されており、明成祖「朱棣」、明武宗「朱厚照」直筆のものもある。特に3階南側にある木塔修復年代が記載された「釈迦塔」の木牌が珍しい。

  1千年余りの間、幾度の地震にも耐えてきた「応県木塔」は、設計のみならず、漢、唐時代の風格を大いに兼ね備えている。
 
  大同市は黄土高原に位置している。地形は複雑多様で、気候は、温帯の大陸性モンスーン気候に属しており、年平均気温は6.8度しかない。大同の冬はとても寒いが、夏は比較的さわやかで、避暑地として適している。大同の気候の特徴は昼夜の温度差がとても大きいことだ。朝晩の寒さ対策に注意したほうがよい。旅行に最も適した時期は春と夏。

応県木塔の特色

  特色

  中国各地には一万に上る仏塔がある。中国仏教の源はインドにあるが、中国仏教の建築様式は中国の伝統的楼閣の建築特徴を取り入れ、色々な名塔が生まれた。

  中国北部の山西省にある仏宮寺の釈迦塔は、通称、山西応県の木塔と呼ばれている。この塔は1056年の遼の時代から建造が始まり140年後に完了した。この木造の塔には高さ4mの土台の上に70m近くの塔が建てられ、底部の直径は30m、塔全体は3000m3ものチョウセンマツが使われ、重さは約3000トン。

  この木塔の構造は、漢(紀元前206~西暦220)、唐(618~907)以来の民族の特徴である重ね式様式を採用し、設計全般は科学的で厳密であり、完璧な構造をもち、平面八角形を呈し、外から見ると五層だが、一層毎に暗層が付き、実際は九層である。それにどの層の外と中には二本の丸い柱があり、各層の外部には24本の柱、中には8本の柱が付いていて、その合間に多くの斜めの支え木、梁、角材などがあり、異なる方向に向った複雑な構造をなし、全体的には八角九層で、頂点は八角形で尖って鉄刹を立ててあり、この鉄刹とは仏教の世界を象徴する。またハスの花型の坐台は、相輪(塔の崇高さを表す)、火焔と宝瓶、宝珠からなる。塔のどの層に屋根下にも風鈴がつるしてあり、そよ風が吹くと風鈴が清らかに鳴り響く。この木塔は荒野にありながらも細やかに作られ、古風を表しながらも優雅さを失わない。

  この木塔はこれまで900年あまりの多くの地震などに耐えてきた。史書によると、木塔ができたから300年後にマグニチュード6。5の地震が起き、余震が7日間続き、他の建造物は崩壊したのに、この木塔だけが残ったとある。ここ数年、応県一帯では大きな地震が起き、木塔は揺れ動き、かの風鈴も鳴り響いたものの、木塔は壊されていない。また、近代の軍閥間の戦争でも、木塔は200発もの砲撃を受けたが全般的構造は破壊されていない。中国では多くの古代の高塔がかつての雷撃によって崩壊したが、この木塔だけはかなり大きな雷撃を受けても無事であった。この木塔はこれまでの災害に耐え抜き、どうして壊れたなったのであろう?

  実は、この木塔は科学的な設計と構造がものを言ったのだ。例えば、耐震力が強いのは、多層様式を用い、現代建築に見られる多くの手段が用いられている。次に、柔軟性をもつ材料を使い、外部からの強い作用があっても変形しにくく、また、ある程度の原型を回復する能力を持つこと、しかも組み立て構造での各節目にはいずれも凸部と凹部の結合方式を利用し、一定の柔軟性があること、木塔の四つの暗層は塔全体の構造を強化し、塔の大量の枡形は弾力を持つ節目の如く、外部からの強い圧力を受けてそれを軽くでき、非常によい耐震性能がある。また、この塔が雷撃を受けても破壊されないのは、頂上の長さ14mの鉄刹が、装飾だけでなく、避雷針の役目を果たしているからだ。また塔の周りの8本の鎖は雷による電流を地下に導くのである。以上のような避雷装置があったからこそ、木塔はこれまで壊れずに済んだのである。

  応県の木塔は世界でも保存度か一番よく、構造が最も巧妙で、外観が最も壮観な古代の高層塔であり、この塔は、中国の古代の職人たちによる、構造的、力学的、耐震的、かつ避雷的各面での偉大な成果を現している。

応県木塔の入場券

  応県木塔入場券及び開放時間

  入場券:61元(1元保険を含む)。

  開放時間:7:00—19:00。

応県木塔の交通

  歩き方

  観光区へ行くバスがある。

応県木塔 観光ホテル

  • 大同雁晶大酒店

    大同雁晶大酒店

    二星及び以下 大同城区地区 宿泊料金:-

      大同雁晶大酒店位于大同市武定北路(原西馬路),繁華路段。酒店集住宿、中餐、桑拿、棋牌、會議商務于一體。功能完備,設施一流。裝飾豪華典雅,服務精藝求精。客房部擁有:豪華商務套間、標准間、單人間、家庭..

  • 大同大友賓館

    大同大友賓館

    四星レベル 大同城区地区 宿泊料金:-

        大同大友賓館是大同市的園林式賓館,無產階級革命家朱德、董必武、彭德懷、羅榮桓、賀龍、聶榮臻、郭沫若,黨和國家領導人江澤民、吳邦國、李鵬、朱鎔基、尉健行等都下榻于此。

  • 同利大酒店

    同利大酒店

    二星及び以下 大同 宿泊料金:-

  • 大同花園大飯店

    大同花園大飯店

    四星級 大同城区地区 宿泊料金:-

      大同花園大飯店是大同市享譽盛名的一家集住宿、餐飲、娛樂、購物、商務為一體的四星級旅游商務飯店。位于大同市繁華商業區的中心地帶,與各大購物中心、肯德基相毗鄰,距離鼓樓、善化寺、九龍壁等文物古跡步行也..

  • 大同貴賓樓假日酒店

    大同貴賓樓假日酒店

    五星レベル 大同城区地区 宿泊料金:-

      大同貴賓樓假日酒店位于山西省大同市中心商務區,是洲際酒店集團在山西省全權管理的第一家大型規模的國際型酒店,坐擁便捷的地理位置,通過真正的關注及用心,為客戶提供物超所值的貼心服務。無論是商務旅行、出..

応県木塔 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號