錦渓

錦渓

錦渓写真

錦渓

観光地の情報:   紹介  昆山市南の無数の疎水と湖沼に囲まれた地に、錦渓はある。新市街地を通り抜けると眼前に五保湖..

観光地の入場券:  錦渓入場券及び開放時間  入場券:50元。  開放時間:7:30--17:00。

注意事項:  注意事項  1、温度はとても高くて、日差しが強いので、サングラスや日焼け止めをご用意ください。 ..

錦渓観光地図

錦渓 観光地写真

錦渓をご紹介

  紹介

  昆山市南の無数の疎水と湖沼に囲まれた地に、錦渓はある。新市街地を通り抜けると眼前に五保湖が広がる。

  湖に面する蓮池禅院ではゆっくりしたい。まさに湖水の傍らにたたずむ龍のごとく続く文昌閣からの長廊。そこから見る五保湖の風景は美しい。特に早朝、あるいは夕暮れ時の五保湖の湖水はまさにその錦渓の名の通り、錦色に輝く。

  橋を渡って通りに入ると、白壁に黒屋根の昔ながらの街並みが残る。

  昆山は亜熱帯海洋性季節風気候。年間降雨量1,063ミリ、日照時間2,165時間、無霜期229日間、平均気温15.3℃。1月の最低気温-5℃、7月の最高気温30℃。年間通して観光に適している。

錦渓の特色

  特色

  「メインストリート」沿いには古瓦や陶器などいくつかの博物館と商店街が続く。この商店街が観光客用ではなくて、そこに住む人たちの生活のための商店街のままなのもいい。

  小さな鎮だが、この地方の歴史は長く、今から5000年前の新石器時代の遺跡からは陶器や玉などの様々な文物が出土しており、この地が古来より気候が温暖で、物産に恵まれた生息にふさわしい土地であったことを示している。

  春秋時代に蘇州に古城が建設された時には、ここに集積市も作られたとか。

  漢の時代には四方を湖に囲まれていることから軍事上の訓練にふさわしいとして駿馬の連兵場ともされていた。

  錦渓は「陳墓」と呼ばれていた時期がある。宋時代孝帝の愛妃陳妃がこの地で病死し、水葬された。

  孝帝により蓮池禅院が建てられた後800余年間、錦渓は「陳墓」と呼ばれていた。

  他の水郷古鎮にも観光用の手漕ぎ舟はあるが、錦渓の手漕ぎ舟はお勧め(文昌閣前から)。湖の陳姫の水墓を一回りした後、静かな鎮の水路に入っていき、爽快。水辺の目線から古鎮の暮らしをゆっくり訪ねるのも風情がある。

錦渓の入場券

  錦渓入場券及び開放時間

  入場券:50元。

  開放時間:7:30--17:00。

錦渓の交通

  歩き方

  昆山汽車駅で107路に乗る。

錦渓 観光ホテル

錦渓 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號