山塘街

山塘街

山塘街写真

山塘街

観光地の情報:   紹介  白壁に黒屋根、疎水にかかる苔むした石橋。山塘街は、蘇州旧市街でも昔ながらの水郷の風情が残..

観光地の入場券:  山塘街入場券及び開放時間  入場券:45元。  開放時間:8:30—17:00。

注意事項:  注意事項  1、温度はとても高くて、日差しが強いので、サングラスや日焼け止めをご用意ください。 ..

山塘街観光地図

山塘街をご紹介

  紹介

  白壁に黒屋根、疎水にかかる苔むした石橋。山塘街は、蘇州旧市街でも昔ながらの水郷の風情が残る地区のひとつ。

  山塘街の歴史は唐の宝暦年間(西暦885年)に遡る。日本では詩人として名高い白居易が蘇州の知事として赴任まもなく、虎丘に出かけた際、周囲の水路が埋まってしまい一帯の水利が不便になっている様を眼にした。白居易はすぐさま、商業街だったチャン門から虎丘にかけて山塘河を開鑿、灌漑と交通の便が大幅に改善され、一大遊行商業街として発展。後、蘇州の人々は白居易に感謝の意を表し、山塘街を白公堤と呼んだ。

  蘇州は北亜熱帯モンスーン気候に属し、気候は温暖で雨も多く、四季がはっきりと分かれている。一年を通して旅行には適しているが、特に4~10月がベストシーズンとなる。この時期、自然の風景を楽しんだり、新鮮な季節の食べ物を味わうことができる。

山塘街の特色

  特色

  唐以降、山塘街は物資の集積する街となり、清の乾隆年間に描かれた「姑蘇繁華図巻」には「中華第一街」と称された繁栄の様が見てとれる。多くの文人墨客にも愛され、曹雪斤は「紅楼夢」の中で山塘街を「俗世間で一、二を競う風流にして富貴な土地」と紹介。乾隆皇帝は、1792年太后の70歳の祝いに北京の皇家庭園「颐和園」の北に山塘街を模して、蘇州街を建造している。

  山塘街は七里山塘とも呼ばれ、距離にして3~4キロ。近年山塘街の東端から新民橋までは観光用に整備され、レストランやクラフトショップが軒を連ねている。

山塘街の入場券

  山塘街入場券及び開放時間

  入場券:45元。

  開放時間:8:30—17:00。

山塘街の交通

  歩き方

  6、10、40、317、324、529、游2、游3、游5路に乗る。

山塘街 観光ホテル

山塘街 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號