留園

留園

留園写真

留園

観光地の情報:   紹介  留園は蘇州の阊門外で位置して、もとは明代嘉靖年間の召使の寺卿徐泰時の東園だ。築山は畳む石..

観光地の入場券:  留園入場券及び開放時間  入場券:最盛期は40元、閑散期は30元。  開放時間:7:30-17:30。

注意事項:  注意事項  1、曖昧な返事や答え方は、トラブルの原因となる。はっきりと“NO”と言いましょう。 ..

留園観光地図

留園 観光地写真

留園をご紹介

  紹介

  留園は蘇州の阊門外で位置して、もとは明代嘉靖年間の召使の寺卿徐泰時の東園だ。築山は畳む石の名家―周秉忠(時臣)を作った。嘉慶年間、劉恕は留園を直して築く、名前は寒碧山荘です、また劉園と称している。園の中で太湖石の12匹に集まって、奇観だった。咸寧の年間、蘇州の諸園は多く破損して、この園はただ貯蓄する。光緒の初年は盛康を得で、拓を修繕して建てて、名は留園と改名した。

  蘇州は北亜熱帯モンスーン気候に属し、気候は温暖で雨も多く、四季がはっきりと分かれている。一年を通して旅行には適しているが、特に4~10月がベストシーズンとなる。この時期、自然の風景を楽しんだり、新鮮な季節の食べ物を味わうことができる。

留園の特色

  特色

  留園は中国四大庭園の一つ。広さは2ヘクタールにおよび、内部は四つに分けられている。それぞれが長い回廊で繋がれ、その壁には透かし彫りの精巧な窓が造られ、清代の建築を今に伝えている。

  また留園法帖と呼ばれる書画が掛けられている。

  内部には涵碧山房、林泉音碩之館、冠雲峰、五峰仙館、又一村など多くの見所が並ぶ。内部の楼閣や池はどれも蘇州庭園の特色を備えている。涵碧山房からの池の眺めは素晴らしい。

留園の入場券

  留園入場券及び開放時間

  入場券:最盛期は40元、閑散期は30元。

  開放時間:7:30-17:30。

留園の交通

  歩き方

  游1、3、5線或いは6、7、22、33、44、70、85、88、91、317路に乗る。

留園 観光ホテル

留園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號