総統府

総統府

総統府写真

総統府

観光地の情報:   紹介  南京を首都とした明の時代に、皇族の邸宅として建てられたのが始まり。清代には役所として使用..

観光地の入場券:  総統府入場券及び開放時間  入場券:40元。  開放時間:4月1日-10月31日7∶30-18∶00、11月1日-3..

注意事項:  注意事項  1、いつでも、どこでも、誰でも礼儀が大切。  2、文物古跡を愛護する、観光者はどこ行っ..

総統府観光地図

総統府をご紹介

  紹介

  南京を首都とした明の時代に、皇族の邸宅として建てられたのが始まり。清代には役所として使用され、乾隆帝が南京にやって来た時には「行宮」としても利用されました。中華民国建国当初は、ここに中華民国臨時政府が置かれ、1928年からは正式な総統府が置かれました。清代の中国式建築と近代の西洋建築、そして江南庭園の3つを一度に楽しめる場所でもありる。

  南京は亜熱帯湿潤気候に属し、年間平均気温は15.3度、年間降水量は1106.5ミリで、6月中旬から7月初めにかけて梅雨の時期となる。7、8月は通常35度ほどですが、最高気温が40度に達する日もあることから「火炉(ストーブ)」と呼ばれていたこともあったほど。南京は近年来、全国緑化先進都市となり、市区では緑が30%を超えるので夏の南京への旅行客はますます増えている。「夏は暑く、冬は寒い」というのは江南の他の都市とは違う南京の気候の特徴。毎年12月にはよく雪が降り、その景色は人々を魅了する。江南の雪景色はすばらしいもの。

総統府の特色

  特色

  総統府の正門は、西欧の古典的な凱旋門を参考に造られたといわれ、3つのアーチには、フランスから直輸入した鉄門が据え付けられた。現存する門は、2003年にもとの設計図に従って修復されたもの。

  正門をくぐって中庭を通り抜けると大堂があり、天井の梁には赤地に黒く「天下為公(天下を公となす)」の4文字が掲げられた額を目にすることができる。

  これは、孫文の手になるもので、「礼記」にある「大道之行也、天下為公」を出自としている。また、総統府跡の煦園のそばには、孫文が執務室として使用した、南欧風の薄黄色の瀟洒な洋館が保存されている。

  このように、総統府跡は、幾多の戦乱をくぐり抜けて今日に残る旧跡。その歴史的経緯から、明初の皇族の庭園、清の地方行政府そして近くは、孫文や国民党が係わった中華民国の総統府という、南京ならではの数奇な運命を推し偲ぶことができる。

総統府の入場券

  総統府入場券及び開放時間

  入場券:40元。

  開放時間:4月1日-10月31日7∶30-18∶00、11月1日-3月31日8∶00-17∶00。

総統府の交通

  歩き方

  遊1、2路、3、29、44、65、95、304路に乗る。

総統府 観光ホテル

  • 南京台北沃閣恋館

    南京台北沃閣恋館

    三星レベル 南京江寧区 宿泊料金:-

    現代施設完備、プライベート空間を思い切り楽しめます。

  • 南京融寓ホテルマンション(夫子廟店)

    南京融寓ホテルマンション(夫子廟店)

    二星及び以下 南京白下地区 宿泊料金:-

      南京融寓酒店式公寓(夫子廟店)座落于繁華的夫子廟風景區邊,步行至景區只需5分鐘,周邊有水游城購物中心,交通便利,出行方便。公寓內部以全新的裝修,齊全的配套設施給賓客體驗家的溫馨感覺,所在生活區有巡..

  • 南京友誼旅館
  • 南京樂維特ビジネスホテル

    南京樂維特ビジネスホテル

    二星及び以下 南京鼓楼地区 宿泊料金:-

      南京樂維特商務酒店是南京融安投資管理有限公司全資投資的一家經濟型商務酒店,以給住宿客人提供盡善盡美的優質服務為宗旨,時刻營造健康、舒適、特殊的服務環境。酒店裝修以高貴典雅的地中海風情為主題風格,為..

  • 南京蘇寧威尼斯ホテル

    南京蘇寧威尼斯ホテル

    三星レベル 南京浦口地区 宿泊料金:-

      南京蘇寧威尼斯酒店位于南京浦口區北外灘,是江蘇蘇寧環球集團繼蘇寧環球套房飯店之後投資2億元興建並管理的第二家高星級主題酒店。酒店南望長江風光帶,緊鄰南京浦口高新技術開發區。  南京蘇寧威尼斯酒店擁..

総統府 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號