紫金山天文台

紫金山天文台

紫金山天文台写真

紫金山天文台

観光地の情報:   紹介  紫金山天文台は中国の南京にある中国科学院の天文台である。  紫金山天文台は多くの彗星や小..

観光地の入場券:  紫金山天文台入場券及び開放時間  入場券:15元。  開放時間:8:30—16:30。

注意事項:  注意事項  1、いつでも、どこでも、誰でも礼儀が大切。  2、文物古跡を愛護する、観光者はどこ行っ..

紫金山天文台観光地図

紫金山天文台をご紹介

  紹介

  紫金山天文台は中国の南京にある中国科学院の天文台である。

  紫金山天文台は多くの彗星や小惑星を発見したことで有名で、小惑星はトロイ族の小惑星であるケブリオネスなど147個発見しており、多くの場合、中国の都市や省の名前、科学者などを命名していることが特徴である。

  南京は亜熱帯湿潤気候に属し、年間平均気温は15.3度、年間降水量は1106.5ミリで、6月中旬から7月初めにかけて梅雨の時期となる。7、8月は通常35度ほどですが、最高気温が40度に達する日もあることから「火炉(ストーブ)」と呼ばれていたこともあったほど。南京は近年来、全国緑化先進都市となり、市区では緑が30%を超えるので夏の南京への旅行客はますます増えている。「夏は暑く、冬は寒い」というのは江南の他の都市とは違う南京の気候の特徴。毎年12月にはよく雪が降り、その景色は人々を魅了する。江南の雪景色はすばらしいもの。

紫金山天文台の特色

  特色

  天文台がある紫金山とは南京の東にある山で、古くは明を建国した朱元璋の墓所(明孝陵)や近代中国の父孫文の墓所(中山陵)がある。天文台の所在地は太平天国の天堡城跡でもある。天文台は1929年に計画、建設され1934年9月に完成、元の名称は中央研究院天文研究所である。今日に至るまで70年以上の歴史があり、中国が最初に自力で建設した近代的天文台として、1996年に中華人民共和国の全国重点文物保護単位に指定された。なお事務局は南京市北京西路2号と都心部にある。

紫金山天文台の入場券

  紫金山天文台入場券及び開放時間

  入場券:15元。

  開放時間:8:30—16:30。

紫金山天文台の交通

  歩き方

  遊3、20、315路に乗る。

紫金山天文台 観光ホテル

紫金山天文台 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號