秦淮河

秦淮河

秦淮河写真

秦淮河

観光地の情報:   紹介  秦淮河は夫子廟の南側にある南京の歴史と切っても切れないゆかりがある川。昔は淮水と呼ばれて..

観光地の入場券:  秦淮河入場券及び開放時間  入場券:遊船昼は55元、夜は70元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に..

注意事項:  注意事項  遊船で遊覧するときはご注意してください。

秦淮河観光地図

秦淮河をご紹介

  紹介

  秦淮河は夫子廟の南側にある南京の歴史と切っても切れないゆかりがある川。昔は淮水と呼ばれていた。紀元前210年、秦の始皇帝が中国を統一して、中国の東南部の視察のため南京へ来たとき、南京の地勢が雄大なので、いつかまた全国を支配する王は必ずここから出るに違いないという話を聞いて、始皇帝は「もしそうならば、俺は倒されるではないか」と驚き、そこで皇帝は、こういう王者の出る風水を壊すため、「堀を作れ」と命令し、この川を開削して秦淮河と呼んだ。川の全長は110キロメートル。

  南京は亜熱帯湿潤気候に属し、年間平均気温は15.3度、年間降水量は1106.5ミリで、6月中旬から7月初めにかけて梅雨の時期となる。7、8月は通常35度ほどですが、最高気温が40度に達する日もあることから「火炉(ストーブ)」と呼ばれていたこともあったほど。南京は近年来、全国緑化先進都市となり、市区では緑が30%を超えるので夏の南京への旅行客はますます増えている。「夏は暑く、冬は寒い」というのは江南の他の都市とは違う南京の気候の特徴。毎年12月にはよく雪が降り、その景色は人々を魅了する。江南の雪景色はすばらしいもの。

秦淮河の特色

  特色

  秦淮河は南京の主要な川で、揚子江の支流として110kmにわたって流れている。秦淮河の東水開から西水関に至るまでの区間は昔商人が集まり文士が会集する所だったのでおおいに繁栄した。あたりは白鷺洲、中華門、孔子廟をはじめ名所旧跡が至る所にあり、秦淮河夜泊は夜の秦淮河の船漕ぎ音や美しい灯籠の倒影など、ありし日の秦淮河に思いをはせるだけでなく、両岸の民族風情や山紫水明の揚子江南岸風光も楽しめる。美しく飾った小舟や竜舟の上では地方芸能、風味軽食などもある。

  秦淮河風光帯。秦淮河の東水関から西水関に至るまでの区間は昔、商人・文士が常に集う場所であった。毎年4~10月に催される孔子廟夜市、灯籠展示会、地方芸能の公演、工芸美術品の現場製作体験を楽しみにしている人は非常に多い。

秦淮河の入場券

  秦淮河入場券及び開放時間

  入場券:遊船昼は55元、夜は70元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

秦淮河の交通

  歩き方

  4、7、40、44、49、62、304路に乗る夫子廟(東)駅に降りる、遊2、1路夫子廟(北)駅に降りる、遊4、2、14、16、23、26、33、43、46、63、81、87、101、102、103、106、305路に乗る长乐路站下,301路到瞻园路站下。

秦淮河 観光ホテル

  • 南京夫子廟

    南京夫子廟

    二星及び以下 南京秦淮地区 宿泊料金:-

  • 南京新街口速8酒店

    南京新街口速8酒店

    二星及び以下 南京白下地区 宿泊料金:-

    何度も利用したくなるような、高級なサービスと格式、そしてすばらしいホテル内施設で、滞在をお楽しみいただけます

  • 南京瑞泰旅館

    南京瑞泰旅館

    二星及び以下 南京建邺地区 宿泊料金:-

      南京瑞泰賓館是由浙江瑞泰集團投資的一家涉外賓館。賓館于2007年4月末開業,賓館大堂600平米,寬敞明亮。賓館同時擁有各類高檔客房,房間風格簡約明快,裝飾典雅,給人溫馨舒適的感覺,3樓建有300平方獨立式早餐..

  • 南京中華門ホテル

    南京中華門ホテル

    三星級 南京秦淮地区 宿泊料金:-

      南京中華門飯店是集會議、住宿、餐飲、娛樂、旅游等為一體的綜合性飯店,是江蘇省及南京市黨政機關、事業單位和團體會培訓定點單位。座落在江寧路,東依明城牆,西靠東晉周處讀書台,南臨雨花台,北接夫子廟白鷺..

  • 東山旅館

    東山旅館

    三星級 南京江寧区 宿泊料金:-

秦淮河 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號