南京大虐殺遭難同胞記念館

南京大虐殺遭難同胞記念館

南京大虐殺遭難同胞記念館写真

南京大虐殺遭難同胞記念館

観光地の情報:   紹介  「侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館」(南京大虐殺受難同胞記念館)は中国の南京市江東にある..

観光地の入場券:  南京大虐殺遭難同胞記念館入場券及び開放時間  入場券:無料。  開放時間:8:30~16:30、月曜日..

注意事項:  注意事項  1、いつでも、どこでも、誰でも礼儀が大切。  2、文物古跡を愛護する、観光者はどこ行っ..

南京大虐殺遭難同胞記念館観光地図

南京大虐殺遭難同胞記念館をご紹介

  紹介

  「侵華日軍南京大虐殺遭難同胞記念館」(南京大虐殺受難同胞記念館)は中国の南京市江東にある。ここは以前日本軍が集団虐殺を行なった遺跡であり受難同胞の墓地であった。記念館は、1985年、犠牲になった同胞をしのぶために、南京人民により建てられ、さらに1995年増築された。その面積は28,000平方メートルあり、建築面積は3。000平方メートルである。建物は灰色の大理石で築き上げられ、スケールが大きく荘重、静謐で穏やかである。ここでは史料、文物、建築、彫刻、塑像、フィルム映像などを利用して南京大虐殺という歴史が全面的に展示されている。

  南京は亜熱帯湿潤気候に属し、年間平均気温は15.3度、年間降水量は1106.5ミリで、6月中旬から7月初めにかけて梅雨の時期となる。7、8月は通常35度ほどですが、最高気温が40度に達する日もあることから「火炉(ストーブ)」と呼ばれていたこともあったほど。南京は近年来、全国緑化先進都市となり、市区では緑が30%を超えるので夏の南京への旅行客はますます増えている。「夏は暑く、冬は寒い」というのは江南の他の都市とは違う南京の気候の特徴。毎年12月にはよく雪が降り、その景色は人々を魅了する。江南の雪景色はすばらしいもの。

南京大虐殺遭難同胞記念館の特色

  特色

  この記念館は、広場の陳列、遺骨の陳列、史料の陳列からなっている。広場には彫像群、彫刻、レリーフ、記念碑、犠牲者名を刻銘した壁と緑の木々、芝生などさまざまな景色が展開し、生と死と悲憤というテーマを示している。棺桶のような外観の遺骨陳列室には、この記念館が建てられたときに「万人坑」から掘り出した犠牲者の遺骨の一部が展示されている。それは中国を侵略した日本軍が大虐殺を行なった証明でもある。墓穴の形をした半地下の史料陳列ホールには、1000あまりの貴重な歴史的写真や文物、図表と当時の物証が展示されている。ランプやケース、地形を表した模型、泥人形、油絵、復元された景観、タッチスクリーン、フィルム映像などの現代的な手法で、悲惨な南京大虐殺の歴史を再現し、日本軍国主義者の凶悪な暴挙をさらけ出している。

  「前事を忘れざるは後事の師なり」の言葉通り、この記念館は世界の平和を祈る歴史・文化交流の重要な場であり、「全国愛国主義教育の手本基地」ともなっている。

南京大虐殺遭難同胞記念館の入場券

  南京大虐殺遭難同胞記念館入場券及び開放時間

  入場券:無料。

  開放時間:8:30~16:30、月曜日は休み。

南京大虐殺遭難同胞記念館の交通

  歩き方

  7路、37路、61路、63路に乗る。

南京大虐殺遭難同胞記念館 観光ホテル

南京大虐殺遭難同胞記念館 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號