七姉妹山

七姉妹山

七姉妹山写真

七姉妹山

観光地の情報:   紹介  七姉妹山は湖北省恩施トゥチャ族ミョウ族自治州宣恩県の第一高山と名山で武陵山脈に属して、椿..

観光地の入場券:  七姉妹山入場券及び開放時間  入場券:無料。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項  1.恩施州蛇が多くて、三月三、蛇は穴から出る。ご注意してください。  2.恩施州の山路..

七姉妹山観光地図

七姉妹山をご紹介

  紹介

  七姉妹山は湖北省恩施トゥチャ族ミョウ族自治州宣恩県の第一高山と名山で武陵山脈に属して、椿木営郷の南部、長河トン族郷后河村の北部の位する。大小七姉妹山に分けられていて、総面積が26000ムーあり、核心区の面積が7394ムーである。最高峰である火焼堡の高さが2014.5メートル、最低ところの巴山坪の高さが1230メートルで、相対海抜が734.5メートルである。七つの峰が順に並べているからその名を得た。

  恩施最適な旅行季節は四、五月。地形が複雑、海拔高さ差が大きい、恩施州平均海拔は1000メートルぐらい、最高は三千メートルぐらい、最低は六十メートルぐらい。気温は海抜が高く上がるに従って少しずつ減らす、海拔300-1800メートル平均気温は17.4-7.8℃の間にある、長江河谷海拔300メートル以下の地区は18℃を超える、1800米以上の高寒地区は7.8℃に達していない、全年気温最低は1月、最高は7月。

七姉妹山の特色

  特色

  “小娘会”は湖北省恩施トゥチャ族特有の風俗習慣で、青年男女の恋を語り愛情を告白する場所でもある。毎年の旧暦七月十二日に青年男女は期せずして一致して田舎市場に来て取引するチャンスを利用して自分の意中人を探している。

  ミョウ族の“椎牛”盛会は漢民族に“還牛願”と呼ばれて、ミョウ族伝統文化活動に最も荘厳で、最も隆盛な祭り活動である。活動の全体にミョウ家の舞踊、歌曲、太鼓音楽の演奏を一体に集めていて濃欝の民族特色がある。湖北省恩施州宣恩の小茅坡営ミョウ砦の“還大牛願”は清の乾と嘉の年間から始め、清の末年と民国初年に盛んでいた。

  この日、ミョウ家の人々や少男少女たちは一面の歓楽の海洋中でミョウの太鼓舞踊を演出放題で、裸足で刀の梯子に登ったり、非常に熱いところに踏んだりし、4名の牛のように体丈夫な男子が一斉に水牛を打ち、祭り活動が高潮になさせる。

七姉妹山の入場券

  七姉妹山入場券及び開放時間

  入場券:無料。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

七姉妹山の交通

  歩き方

  舞陽坝に18路バスに乗る。

 

七姉妹山 観光ホテル

七姉妹山 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號