梭布垭石林

梭布垭石林

梭布垭石林写真

梭布垭石林

観光地の情報:   紹介  梭布垭石林は恩施州府北54キロメートル太陽河乡境内に位置し、国家3A級観光区、209国道と14キ..

観光地の入場券:  梭布垭石林入場券及び開放時間  入場券:30元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項  1.恩施州蛇が多くて、三月三、蛇は穴から出る。ご注意してください。  2.恩施州の山路..

梭布垭石林観光地図

梭布垭石林をご紹介

  紹介

  梭布垭石林は恩施州府北54キロメートル太陽河乡境内に位置し、国家3A級観光区、209国道と14キロメートル離れている、石林は奥陶紀灰岩構成された、総面積は21平方キロメートル、中国の第二大石林、植生は全国石林の首に位置する。今7平方キロメートル、典型的カルスト地形に属し、溶纹景観は最も重要な景観特徴。

  恩施最適な旅行季節は四、五月。地形が複雑、海拔高さ差が大きい、恩施州平均海拔は1000メートルぐらい、最高は三千メートルぐらい、最低は六十メートルぐらい。気温は海抜が高く上がるに従って少しずつ減らす、海拔300-1800メートル平均気温は17.4-7.8℃の間にある、長江河谷海拔300メートル以下の地区は18℃を超える、1800米以上の高寒地区は7.8℃に達していない、全年気温最低は1月、最高は7月。

梭布垭石林の特色

  特色

  梭布垭石林の面積は21キロメートル、中国の第二大石林。植生は全国石林の首、「戴冠石林」と言われた。観光区の海拔は900メートル余り。

  一年一度の土家娘会(旧暦7月12日)、土家娘月半「赶場」。1957年に湖南省湘西土家族苗族自治州、1983年に湖北恩施土家族苗族自治州がそれぞれ設立され、その後酉陽、秀山、石柱、長陽、五峰、印江、沿江など民族自治県が設立された。

主に農業に従事している。織物と刺繍、彫刻、ろうけつ染めが土家族の伝統工芸として名高い。中でも錦織は“西蘭卡普”と呼ばれ、中国名錦の一つとして有名。

梭布垭石林の入場券

  梭布垭石林入場券及び開放時間

  入場券:30元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

梭布垭石林の交通

  歩き方

  恩施舞陽坝長距離バス駅は観光区専用線バス直行する。太陽郷のバスも乗ることができる、約15元。

梭布垭石林 観光ホテル

梭布垭石林 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號