梅庵

梅庵

梅庵写真

梅庵

観光地の情報:   紹介  肇慶市の西2kmの所にあり、北に北嶺山を背負い西江に面した、嶺南では数少ない千年の歴史ある..

観光地の入場券:  梅庵入場券及び開放時間  入場券:15元。  開放時間:8:00-17:00。

注意事項:  注意事項  広東は広州市中心として、各地級市の間全線は高速道路を開通する。全省道路の交通状況がよ..

梅庵観光地図

梅庵 観光地写真

梅庵をご紹介

  紹介

  肇慶市の西2kmの所にあり、北に北嶺山を背負い西江に面した、嶺南では数少ない千年の歴史ある古刹である。

  宋の至道2年(996年)の創建で、記録によると唐代の仏教禅宗六祖・恵能が肇慶市に立ち寄った折に、この山に梅を植え、その後智遠和尚が六祖を記念して、彼が梅を植えた場所に庵を建てたので、梅庵と名づけられたのだという。占地面積は5000㎡、建築面積は1400㎡。周囲は壁で保護されている。主な建築物に山門、大雄宝殿、六祖殿、また前後に天井と廊下がある。付属建築物には庵前の平台、六祖井戸、梅園などがある。

  肇庆亜熱帯海洋性気候に属する。境内は雨量十分、日当たりがよい、気候が温暖、四季緑。年間平均降雨量は1348.4ミリメートル、年間平均温度は22度、年間通して観光に適している。

梅庵の特色

  特色

  明の嘉靖年間(1522~1566年)、梅庵は夏公祠に改められ、全ての仏像は庵から運び出され露天に放置された。明の万歴元年(1573年)以降、何人かの僧によって梅庵の増築や拡張が7回にわたって行われ、仏像の金箔塗装も2度行われた。1995年、全面修繕と拡張工事を経て、梅庵の外観は一新された。山門の前にはインドの菩提樹が植えられ、豊かに葉を茂らせている。梅花園では、毎年新春に梅の花が咲き誇る。新設の壁画室には、六祖恵能の修行風景を描いた巨大な巻物が展示されている。また六祖殿内の仏壇には、全身銅製の六祖象が奉られている。

  梅庵は広東省最古の木造建築物のひとつである。特に大雄宝殿の梁や升組は宋代の建築様式を色濃く残しており、江南の貴重な北宋遺跡と呼ばれている。

  梅庵は六祖を奉るために建てられ、仏教史上のみならず、古代建築構造や建築技術史上においても重要な科学研究価値を備えている。

梅庵の入場券

  梅庵入場券及び開放時間

  入場券:15元。

  開放時間:8:00-17:00。

梅庵の交通

  歩き方

  観光地へ行くバスがある。

梅庵 観光ホテル

  • 新世界ホテル

    新世界ホテル

    二星及び以下 肇慶 宿泊料金:-

  • 肇慶奧威斯ホテル

    肇慶奧威斯ホテル

    五星レベル 肇慶端州地区 宿泊料金:-

      肇慶奧威斯酒店座落于風景秀麗的肇慶市七星湖畔,酒店奧威斯集團繼東莞太子酒店後的又一精品。奧威斯酒店絕大部分客房可覽星岩湖景,部分房間更設有觀景浴室,將如畫湖景與豪華客房完全融合。酒店占地約12萬平方..

  • 御苑ホテル

    御苑ホテル

    二星及び以下 肇慶 宿泊料金:-

         御苑酒店座落于美麗富饒的珠江三角洲,中山市南頭鎮。是一所集餐飲、娛樂、住宿、購物于一體的四星級標准旅游酒店。    酒店擁有近200套豪華..

  • 星湖松濤賓館

    星湖松濤賓館

    三星級 肇慶 宿泊料金:-

        依山傍水的松濤賓館是一家三星級賓館,賓館距廣州僅一百公里,距通往港澳的客輪碼頭4公里,交通便捷。賓館由多座具有中國園林特色的建築群體購成,內有平台樓閣、水簾洞天、芳草綠..

  • 肇慶銀都賓館

    肇慶銀都賓館

    二星及び以下 肇慶端州地区 宿泊料金:-

      肇慶銀都賓館座落于西江路之南端,倚鄰西江,憑窗遠眺“西江漁晚”“千年古剎梅庵”“披雲樓煙雨”盡收眼底。極目四望,一覽眾山。賓館取現代理念設計,按四星標准裝修,全智能化管理,客房內有數字電視網絡通訊..

梅庵 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號