石象湖

石象湖

石象湖写真

石象湖

観光地の情報: 観光地の紹介  この地は、国家級生態模範地区に指定され、原始林60ha以上を有し、成都平原の「天然酸素」..

観光地の入場券:入場券及び開放時間 入場券:50元。乗船切符:20元。 開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:ご注意の所1、日中は暑く、朝晩冷え込む気候が多い。Tシャツ、長袖のトレーナー(長袖厚手のシャツ)、ウ..

石象湖観光地図

石象湖をご紹介

観光地の紹介

  この地は、国家級生態模範地区に指定され、原始林60ha以上を有し、成都平原の「天然酸素」と称されている。まさしく自然環境に恵まれ、市民が森林浴など自然に接しられるところ。

  この原始林の中に人造湖石象湖があり、本風景区の中心となっている。入口は高速道路出口に接して南側にある。入口左側には催し物をやる六合広場がある。道なりに北に進むと、象山南站があり、ここより象山北站まで電動バス(5元)がある。また、右手には象泉山荘(ホテル)と花苑餐庁(中華レストラン)がある。レストラン前の池には石象の親子が水浴びをしている。その先は花海賽艶という草原となっており、そこには熱気球(50元)や洋弓場(10元)などの娯楽施設がある。さらに進むと、古象山書院(レストラン・喫茶・売店)のある花壇を目にしる。各種の花が植えられており、色とりどりの花が眺めを楽しめさせる。すると、象山北站につきる。ここまでは尾根沿いの自然地形を生かして、完全に造形されたもの。ここまでまっすぐ歩いて、20~30分。

  成都は亜熱帯モンスーン気候に属し、一年中温暖湿潤で四季がはっきりしている、春が来るのは早く、夏は熱く、秋が涼しくて、でも暖かいという特徴がある。年間平均気温は約16度で、年間降水量は約1000ミリ程度。成都の気候の特徴は曇りと霧が多く、日照時間は短いこと。もう一点は空気が湿っぽいので、夏にはそれほど気温は上がらなくても蒸し暑くなる。冬の平均気温はたいてい5度以上ないが、曇り空が多いため寒く感じる。

  成都最優秀旅行時間は6月-9月、11月-3月。しかし7、8月が最も熱い時、成都に近くの青城山、西嶺雪山、九竜溝、九峰山、天台山、竜池森林公園などはすべて最も理想的な避暑地。冬竜池森林公園、西嶺雪山に雪を観賞するのも南方省良いチャンス。

石象湖の特色

観光地の特色

  これより文靖楼を過ぎると、自然林に入り、森林浴を楽しめる。道を左手にとると七星台嗎頭(乗船場)に、右手にとると、文相吊橋を経て古琴台・花果山嗎頭に向かいる。七星台まで数分。ここは石象湖での上船場となっている。また、喫茶などの休憩所もある。乗船料は20元。10人乗りの手漕ぎ船。また、四川人のマージャン好きを反映するのか、マージャン電動船(6人)があって、3時間で200元。ここより乗船すると、まず上流の龍虎峡へと行き、引き返してから下流に向かいる。少し行くと、左手の千年来の古刹石象寺への上り口である石象寺嗎頭と反対の、右手の崖に摩崖仏が見える。その先を大きく右に曲がると、先の文相吊橋の下10mほどを通過しる。これは金属製のしっかりした吊橋。吊橋をくぐって左手に古琴台がある。ここには、レストランもあり、屋外でのテラスで湖を見ながら飲食が楽しめる。ここを過ぎると、湖に浮かぶ三つの島、黄龍島・珠島・青龍島を通る。瑶池仙境。それから行くと、ダムに到達しる。これよりもう一方の峡谷、娃娃溝に入り、その奥の花果嗎頭まで到り、七星台に戻る。この間、1時間半あまり。ただ、自然林の中を行くので、虫の類がおり、そのため船では蚊取り線香を焚いていた。種類はわかりませんが小虫に刺されるとかぶれる恐れがあるので、注意してください。

石象湖の入場券

入場券及び開放時間

 入場券:50元。乗船切符:20元。

 開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

石象湖の交通

観光地の交通

  新南門汽車站(バスターミナル)から直通バスが、また新南汽車站・石羊汽車站から蒲江県に行き石象湖行に乗換える。石象湖生態風景区は、成都市蒲江県内にあり、成雅高速道路(成都南西の雅安市と成都間)で、成都から82kmのところ石象湖出口に、駐車場が接して入口となっている。

石象湖 観光ホテル

石象湖 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號