宝光寺

宝光寺

宝光寺写真

宝光寺

観光地の情報: 観光地の紹介  宝光寺は成都市新都区宝光街に位置し、面積は10万平方メートル、その中の建築面積は3万平..

観光地の入場券:入場券及び開放時間入場券:5元。開放時間:具体的は観光地の作業要員にといあわせ。

注意事項:ご注意の所  1、宝光寺の菜食は自身特色を持って、それは四川料理の料理技法を基礎にして、さっぱりして..

宝光寺観光地図

宝光寺をご紹介

観光地の紹介

  宝光寺は成都市新都区宝光街に位置し、面積は10万平方メートル、その中の建築面積は3万平方メートル近く、南方の「四大仏教ジャングル」のひとつで、成都地区で歴史が最も古く、規模が最も大きく、所蔵文物が最も多い仏教寺院で、毎年観光、参詣するものは延べ百万人以上に達している。1956年、四川省によって省クラスの保護文化財と指定され、2001年7月、全国重要保護文化財と指定されている。

  成都は亜熱帯モンスーン気候に属し、一年中温暖湿潤で四季がはっきりしている、春が来るのは早く、夏は熱く、秋が涼しくて、でも暖かいという特徴がある。年間平均気温は約16度で、年間降水量は約1000ミリ程度。成都の気候の特徴は曇りと霧が多く、日照時間は短いこと。もう一点は空気が湿っぽいので、夏にはそれほど気温は上がらなくても蒸し暑くなる。冬の平均気温はたいてい5度以上ないが、曇り空が多いため寒く感じる。

  成都最優秀旅行時間は6月-9月、11月-3月。しかし7、8月が最も熱い時、成都に近くの青城山、西嶺雪山、九竜溝、九峰山、天台山、竜池森林公園などはすべて最も理想的な避暑地。冬竜池森林公園、西嶺雪山に雪を観賞するのも南方省良いチャンス。

宝光寺の特色

観光地の特色

  宋の時代に、宝光寺はお参りが盛んで、僧侶の数が3000人に達し、明の正徳年間(1506―1521年)壊され、清の康煕9年(1670年)、もとの基礎で寺を再建し、清の咸豊年間(1851-1861年)に至って、今の規模が形成された。

  宝光寺内には文化財がたくさんあり、蜀漢章武の銅鼎、梁代の玉仏と石彫の舎利塔、唐代の舎利宝塔、元代の金銀で書かれた「華厳経」および寺小僧に「寺中三宝」と呼ばれる舎利子、優曇花、貝葉経などなどがある。所蔵された名家の真筆は更に数多くあり、立派なものが見きれないほど多い。宋の徽宗、唐伯虎、祝枝山、竹禅和尚、徐悲鴻、張大千、康有為、趙煕、謝無量など古今の千人の書画家の書いた1000件余りの書画珍品がある。そのため、宝光寺は「文化財博物館」と称されている。

宝光寺の入場券

入場券及び開放時間

入場券:5元。

開放時間:具体的は観光地の作業要員にといあわせ。

宝光寺の交通

観光地の交通

  北門客運站から650路のバスで終点の新都客運中心站下車。運賃3元。1路のバスに乗り換えて宝光寺下車。運賃1元。新都客運中心站からは徒歩でも行ける。所要時間約20分。

宝光寺 観光ホテル

宝光寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號