万国建築博覧

万国建築博覧

万国建築博覧写真

万国建築博覧

観光地の情報:   紹介  鼓浪嶼は、小さな島の狭い土地に、特徴ある中国や西洋を合わせた建物が千以上も一堂に会してい..

観光地の入場券:  万国建築博覧入場券及び開放時間  入場券:50元。  開放時間:10:00-17:00。

注意事項:  注意事項  7月-9月は台風季節、大雨を降るので、出かけるとき、傘を持ってください。台風の予報があ..

万国建築博覧観光地図

万国建築博覧をご紹介

  紹介

  鼓浪嶼は、小さな島の狭い土地に、特徴ある中国や西洋を合わせた建物が千以上も一堂に会していることから、『万国建築博覧』と呼ばれる。

          アモイは亜熱帯気候で、気候は暖かく雨が多いのが特徴。年間平均気温は21度前後で、夏に酷暑はなく、また冬も厳しい寒さはない。年間の平均降雨量は1200ミリ前後で、毎年5月から8月に最も多く降る。太平洋の気流の関係で、毎年平均4~5回台風の影響を受け、7~9月に集中している。

万国建築博覧の特色

  特色

  ここには中国の伝統的な反りたった廟宇、閩南風の平屋住宅、「小白宮」と呼ばれる八卦楼、精巧な日本家屋、19世紀ヨーロッパ風の西洋領事館、江南古典園林のすばらしい菽庄花園などがあり、それらは雨風に打たれながら百年以上もの時を経て、現在では貴重な重要観光資源となり、また観賞用としても、芸術や研究においても、非常に価値のあるものだ。鼓浪嶼は一言では言い表せず、全てをひっくるめて、建築の百科事典と言えるだろう。

海蛎煎:アモイで最も好まれる海幸の一つである。海蛎煎は海蛎の中でも上品である「珠蛎」を主な原料とし、その肉は白く、鰓は黒く、肉粒は均等である。卵とサツマイモ粉と叩き切ったニンニクをよく和え、その後豚油で両面が黄色くなるまで煎る。食べる時は、アモイ特有の甘い唐辛子醤、コエンドロを調味料とする。

万国建築博覧の入場券

  万国建築博覧入場券及び開放時間

  入場券:50元。

  開放時間:10:00-17:00。

万国建築博覧の交通

  歩き方

  コロンスはアモイ島と500メートル離れている、行く時無料、帰る時船切符は3元。

万国建築博覧 観光ホテル

万国建築博覧 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號