風穴寺

風穴寺

風穴寺写真

風穴寺

観光地の情報:   紹介  風穴寺は河南省臨汝県の東北9キロ、嵩山少室の南麓にある。風穴寺は北魏時代に建てられ、中国..

観光地の入場券:  風穴寺入場券及び開放時間  入場券:30元。  開放時間:8:00—18:00。

注意事項:  注意事項   1、旅に出るときは、よく使える薬を用意してください。とくにお年寄りはよく飲む..

風穴寺観光地図

風穴寺をご紹介

  紹介

  風穴寺は河南省臨汝県の東北9キロ、嵩山少室の南麓にある。風穴寺は北魏時代に建てられ、中国で最も古い寺のひとつ。

  河南省の気候は伏牛山を境に、北の温帯性半湿潤気候と南の北亜熱帯湿潤気候に分かれ、全体としては北から南への過渡的な特徴を持つ。1月の平均気温は-2~2度、7月の平均気温は26~28度、春の終わりには乾いた強い風が吹き、無霜期は3月下旬から6~8ヶ月続く。年間降水量は700~1100ミリで、夏季にはスコールになることも少なくない。

風穴寺の特色

  特色

  寺の東の山に風穴があることから風穴寺と名付けられた。寺はいくつかの山に囲まれ、北に紫雲峰、紗帽峰、香炉峰、石榴峰などの9つの山がある。寺には楼、閣、台が約140あって、山に沿って建てられている。

  現存する建物で最も古いものは唐の開元年間に建てられた七祖塔で高さは24.16m、九層の塔です。中仏殿は金代に建てれた。中仏殿の後ろにある盧殿は明の成化十一年に建てられ、殿内には永楽七年に周王朱粛が捧げた漢白玉の釈迦牟尼仏像がある。

  三層の鐘閣は宋代に建てられ、閣内には北宋宣和七年に鋳造された重さ4998キロの鐘がある。寺院の周辺には元、明、清の時代に建てられた塔が84あり、河南省では二番目に大きい塔林。現在は全国重点文物保護単位になっていて、多くの外国の観光客が訪れている。

風穴寺の入場券

  風穴寺入場券及び開放時間

  入場券:30元。

  開放時間:8:00—18:00。

風穴寺の交通

  歩き方

    7路に乗る。

風穴寺 観光ホテル

風穴寺 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號