上海東方明珠

上海東方明珠

上海東方明珠写真

上海東方明珠

観光地の情報:   東方明珠テレビタワーは黄浦江畔浦東陸家嘴嘴尖に位置し、浦江対岸のバンド“万国建築”と河を隔てて向..

観光地の入場券:暫く詳細な資料がございません

注意事項:ご注意

上海東方明珠観光地図

上海東方明珠をご紹介

  東方明珠テレビタワーは黄浦江畔浦東陸家嘴嘴尖に位置し、浦江対岸のバンド“万国建築”と河を隔てて向かい合っている。塔は高さ468mで、アジア第一位、世界第三位の高さを誇り、浦江両側の南浦大橋と楊浦大橋一緒、斬新で濃厚な東方文化の趣がある。

  タワーの全体的建築形式の特徴としては、10個の大小異なる球体が上下にバランスよく配置されており、青空から緑1色の芝生までぶら下がっているかのように見える。それは、“大きな珠と小さな珠を珠皿に散りばめた”という意味をしている。タワーは水晶のように輝く2つの巨大な球と1つの小さな球で組み合わせられている。目を奪う程の彩りである上部球体の観光フロアは直径45m、高さ263mで、上海市の景観を俯瞰するには絶好の場所である。   

上海東方明珠の特色

  球体上部には高さ267mの回転レストラン(毎時一回転)がある。またディスコ、ピアノーもあり、標高271mにはカラオケボックス(二十個室)がある。高くそびえる宇宙船が標高350mに施され、その中には観光フロア、会議室、コーヒーショップがある。5つの小球には20室の空中ホテルがある。一階は3千㎡の広い玄関と約2万㎡のショッビングフロア。

  一番上の球にある展望台は地上350メートルに位置する。より高いところへ行ってみたくなるのが人間の性だが、ここはちょっと高すぎて天気が少し悪いと霧の中に入ってしまい、周囲が見得なくなってしまうので注意が必要だ。チケットも高くなる。

  地上90メートルの一番下の球には、以前屋内遊園地があった現在は休業中となっており、今は特筆すべき見所はない。敢えて言えば、ここから地上1階ロビーに降りるのに、タワーの中心を通るシースルーのエレベーターを利用できることぐらいである(その他のエレベーターから外を見ることはできない)。

  東方明珠タワーの1階に上海都市歴史発展陳列館がある。数年前に比べ大発展を遂げている浦東新区は今や観光定番コースに加えられるべきであるが、何とも便利なことに、この浦東新区の観光の中心である東方明珠タワーの1階に歴史博物館がある。すなわち歴史発展陳列館のオーブンにより、東方明珠タワー、外灘、豫園、龍華寺(もしくは玉仏寺)という上海観光の新定番コースが出来上がった。

  東方明珠は観光、食事、買い物、娯楽、宿泊、ラジオテレビ放送局が一体化した、上海代表的建築であり、観光のスッボとになっている。

上海東方明珠の入場券

暫く詳細な資料がございません

上海東方明珠の交通

入場券:東方明珠50元(263メートル観光庁),100元(三つ球);
 上海歴史博物館20元(東方明珠の100元入場券を買ったら、見学無料)
住所:上海市浦东新区世紀大道1号
電話:021-58791888
開放時間:8:30—21:3

上海東方明珠 観光ホテル

上海東方明珠 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號