泰寧世界地質公園

泰寧世界地質公園

泰寧世界地質公園写真

泰寧世界地質公園

観光地の情報:   紹介  泰寧世界地質公園は三明市泰寧県に位置し、総面積はは492.5平方キロメートル、そのうち丹霞地..

観光地の入場券:  泰寧世界地質公園入場券及び開放時間  入場券:不詳。  開放時間:8:00-18:00。

注意事項:  注意事項  1、薬の包みを持って、外出する時常用薬を身に付けて、旅行の時、意外な情況に出るかもし..

泰寧世界地質公園観光地図

泰寧世界地質公園をご紹介

  紹介

  泰寧世界地質公園は三明市泰寧県に位置し、総面積はは492.5平方キロメートル、そのうち丹霞地の面積はは252.7平方キロメートル、石网、大金湖、八仙崖、金铙山四つ園区と泰寧古町遊覧区構成した。科学考察、科普教育、観光名所、レージャなリゾートは一体的な総合性地質公園。

  三明境内地勢が違うため、森林と水域面積の影響など、各地温度と降水の差異となった。建寧と泰寧二つ県は、三明は福建省降水量と相対温度は大きい地区。三明一年に三つ雨季があり、3-5月の春雨季、5、6月の梅雨季と7-9月の台風雨季。と言えば、三明は夏の昼が長い冬の昼が短い、気候が穏やかで心地よい、一年四季は旅行に適してある。

泰寧世界地質公園の特色

  特色

  丹霞地形景観を主体とすると共に、いくつかの花崗岩地形景観と人文景観が趣を添える。丹霞地形の空間構造は:北に龍湖鎮の天成岩から、西南へ上清渓、泰寧城関を通じて読書山、記子頂に至り、その後に南へ猫児山、龍王岩、八仙崖(大牙頂)を通じて、龍安卿まで、順序に上清渓、金湖、龍王岩、八仙岩の四つ赤い盆地がありまる。平面から見ると“人”形の分布フォーマットと似て、北東が34キロメートル、南北が29キロメートルで、総面積が215.2平方キロメートル。全体の地勢が東北から西南へ高くなる一方。大牙頂ラインが大金湖丹霞地形の最高地帯で、その中に八仙崖(大牙頂)が一番高い峰で、海抜高さが907.6メートルで、同時に当該地帯も峰、柱の地形が最良のモデル的な地区。5つ景勝地:上清渓景勝地、泰寧古城遊覧区、金湖景勝地、龍王岩-八仙崖景勝地及び金鐃山景勝地を分けている。

泰寧世界地質公園の入場券

  泰寧世界地質公園入場券及び開放時間

  入場券:不詳。

  開放時間:8:00-18:00。

泰寧世界地質公園の交通

  歩き方

  泰寧世界地質公園につくバスがある。

泰寧世界地質公園 観光ホテル

泰寧世界地質公園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號