鳞隐石林

鳞隐石林

鳞隐石林写真

鳞隐石林

観光地の情報:   紹介  鳞隐石林は国家AAAAレベル景勝区、国家重点景勝地、国家地質公園。永安市西北大湖鎮に位置する..

観光地の入場券:  鳞隐石林入場券及び開放時間  入場券:50元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項  1、交通は不便、石林につく専用車がない、タクシーは大体40元ぐらい。  2、ジャングルを..

鳞隐石林観光地図

鳞隐石林をご紹介

  紹介

  鳞隐石林は国家AAAAレベル景勝区、国家重点景勝地、国家地質公園。永安市西北大湖鎮に位置する。永安市から13キロメートルで、旅行専用線バスで乗ると届けられる。

  景勝区の総面積が1.85平方キロメートルで、鱗隠石林、洪雲山石林、十八洞窟などの景勝地から構成し、そのなかに石の芽、石の錐、石の柱、石の筍が400個以上があり、最高が36メートルある。“鱗隠”という名前は石の芽表面が魚の鱗と似て、それに石林の地形が落として、長い時間で植物で被さられたので見つけていないから。清代の雍正年間(紀元1729年)までに見つけられた、整理し建築始める。

  三明境内地勢が違うため、森林と水域面積の影響など、各地温度と降水の差異となった。建寧と泰寧二つ県は、三明は福建省降水量と相対温度は大きい地区。三明一年に三つ雨季があり、3-5月の春雨季、5、6月の梅雨季と7-9月の台風雨季。と言えば、三明は夏の昼が長い冬の昼が短い、気候が穏やかで心地よい、一年四季は旅行に適してある。

 

 

鳞隐石林の特色

  特色

  鱗隠石林が三大特色があり、一は地上が石林で、地価が鍾乳洞窟。二は奇特な石がいっぱいで、人及び物と似て、姿がいろいろで、天然動物園のような。三は植皮が豊富で、天然鉢植園も言われた。

  板凳龍:舞龍(龍のようなものを舞うこと)は祭日に最も独特な一種民俗遊芸活動。祭日に、人間が舞龍で祭日の喜びを増加して、来年の平安健康を祈る。

  面白い“板凳龍”(ペンチを繋がって龍とする)は家族ごとに男を計算し、男ごとに一節ベンチ。ベンチの両側に鉄つめをつけて、一節一節で繋がって、村或はあぜ道を行進して、曲がりで、すごく壮観。人間が風調雨順、五殻豊穣をいのる習俗。

鳞隐石林の入場券

  鳞隐石林入場券及び開放時間

  入場券:50元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

鳞隐石林の交通

  歩き方

  永安市区南門広場13路バスに乗る。

鳞隐石林 観光ホテル

鳞隐石林 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號