玉水寨

玉水寨

玉水寨写真

玉水寨

観光地の情報: 紹介白沙古鎮は麗江県の街から北へ約8キロ、北は玉龍雪山、南は龍泉、西は柴山に面し、麗江で最も古い集落..

観光地の入場券:玉水寨入場券及び開放時間入場券:50元。「大玉竜」観光区:190元(玉竜雪山、玉水寨、東巴谷、玉柱擎天観..

注意事項:注意事項シーサンパンナの航空券は早めに買う必要がある。蚊が多いと日差しが強いのため、紫外線防止用具、..

玉水寨観光地図

玉水寨をご紹介

紹介

白沙古鎮は麗江県の街から北へ約8キロ、北は玉龍雪山、南は龍泉、西は柴山に面し、麗江で最も古い集落の一つ。ナシ族が麗江壩へやってきて最初に村をつくったのがここで、麗江の土司(地方の支配者)木氏の起源でもある。木氏の家族はここで街づくりの経験を積んだ。

雲南は金孔雀をシンボルとしている。この孔雀の故郷がタイ族の故郷、西双版納タイ族自治州は中国雲南省の南西部に位置し、ミャンマー、ラオスと国境を接している。景洪(ジンホン)はその州都。標高は約500m、気候的には亜熱帯に属し、年間平均気温は21℃最高気温は41℃最低気温は3℃で、霜や雪が降る事はなく、象、虎、豹、孔雀などの野生動物がいる事で有名だ。森林が洲全体の60%も占め、稲、茶などの発祥の地とも言われ、納豆、醤油、味噌など日本に馴染みの深い食文化がそこには見らる。日本の四国ほどの面積をもつランツァン江(下流でメコン河)のほとりに建つこぢんまりとした街である。

玉水寨の特色

特色

東巴文化とはナシ族の古代文化を指する。その文化は中国麗江東巴教の経書で記録し保存された独特な民族文化。中国麗江東巴文化は唐宋の時期に形成し、ここ千年の歴史がある。中国麗江東巴とはナシー族語で宗教儀式を司る祭司を指し、「智者」という意味。中国麗江東巴文化は、麗江ナシ族の一部族が、その長い歴史のなかで、自然への崇拝を民族の英知によって表現し、発展してきたもの。そこには、東巴教をはじめ、独特の象形文字である中国麗江東巴文字、音楽、舞踏、絵画などが見られる。それらは主に唐宋期に形成され、中国麗江東巴教の各要素として守られ、東巴経のなかに記録され、今日まで伝えられている。

玉水寨の入場券

玉水寨入場券及び開放時間

入場券:50元。「大玉竜」観光区:190元(玉竜雪山、玉水寨、東巴谷、玉柱擎天観光区、東巴万神園、東巴王国、玉峰寺を含み)。

開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

玉水寨の交通

歩き方

麗江県はバス駅から玉水寨へ行くバスに乗る。

玉水寨 観光ホテル

玉水寨 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號