甘海子

甘海子

甘海子写真

甘海子

観光地の情報: 紹介甘海子保護区は、美しい景色で有名な国家レベルの森林公園というだけでなく、生態系や人文学についても..

観光地の入場券:甘海子入場券及び開放時間入場券:不詳。開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:注意事項シーサンパンナの航空券は早めに買う必要がある。蚊が多いと日差しが強いのため、紫外線防止用具、..

甘海子観光地図

甘海子をご紹介

紹介

甘海子保護区は、美しい景色で有名な国家レベルの森林公園というだけでなく、生態系や人文学についても学べる貴重な観光地。旅行客は高山地域の自然を楽しむことができるほか、生態系が自然のまま残っていて、野生動物の生息地としても知られる。

保護区内に住む野生動物の種類は豊富で、国家一級保護動物に指定されている、ジャイアントパンダやキンシコウ(四肢や体が金色の毛で覆われた猿の一種)なども分布しており、珍しい動物の繁殖・飼育や見学拠点としての基本的な条件を備えているといえる。区内にはまた、チベット族の放牧地や生活居住区があり、チベット族の住居や寺院などが独特の景観を形成している。

甘海子の特色

特色

シーサンバンナ酸筍鶏、シーサンバンナタイー族風鶏肉料理。シーサンバンナ酸筍鶏の酸っぱくした竹子漬けを鍋に入れてじっくりとしてスープを酸っぱくしたまでにる。その後、用意した鶏肉塊を鍋に加えて柔らかくまで煮込みる。出来上がったら、シーサンバンナ酸筍鶏の彼らの鍋には油を注ぎ、唐からし、ショウガ、長ネギなどを入れて炒めてから鶏スープを入れ、混ぜ合わせて出来上がる。

香草焼き:シーサンバンナ香草焼き、雲南シーサンバンナ辺りのタイー族料理法の一つ。シーサンバンナ香草焼きの魚や鶏肉を野生のハーブ「香茅草」で縛って丸焼いたもの。

あらかじめ魚は腹を開き、内臓などを除いたあと、細かく刻んだ長ネギ、生姜、にんにく、緑の唐芥子、香菜と塩を混ぜ合わせた調味料を腹腔に詰み込んで、香草で縛って竹ので挟んで火であぶる。出来上がったら油で塗って5分ぐらいあぶってできる。

シーサンバンナ香草焼きの材料によって鶏も同じ方法で作りあがった鶏、牛肉などの料理もありる。ハーブの特別な香りが肉中に染込んで香りもいい、皮がパリパリして、とっても美味しい。

甘海子の入場券

甘海子入場券及び開放時間

入場券:不詳。

開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

甘海子の交通

歩き方

大水車近くの赤太陽広場でバス7路に乗って玉竜雪山へ行く、観光客も索道会社のバスに乗ってもいい。

甘海子 観光ホテル

甘海子 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號