熱帯植物園

熱帯植物園

熱帯植物園写真

熱帯植物園

観光地の情報:   紹介  中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園と全称する植物園は、50年代に中国の有名な植物学者蔡希陶..

観光地の入場券:  熱帯植物園入場券及び開放時間  入場券:60元。  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

注意事項:  注意事項  シーサンパンナの航空券は早めに買う必要がある。  蚊が多いと日差しが強いのため、紫外..

熱帯植物園観光地図

熱帯植物園をご紹介

  紹介

  中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園と全称する植物園は、50年代に中国の有名な植物学者蔡希陶が創建した。景洪市から96kmがあり、敷地面積900ヘクタール、中国·外国の熱帯植物が3000種栽培している。12つのコーナーがあり、その中1700種は当地植物で、世界でもめったに見ることができない貴重なもので、この植物園熱帯·亜熱帯植物が集まった宝庫である。

  ここの海抜は500m、年平均気温21.5℃、雨量が充足で、熱帯植物の生長には最適である。3000種余りの植物の中に、珍奇な品は普通の人に聞いたこともないものがある。例えば、周恩來総理が西アフリカから持ってきた種から成功に栽培した“神秘果”はにおいを変えられるとか、雨を降らせる“降雨樹”とか、虫を食べる“猪篭草”などがある。

熱帯植物園の特色

  特色

  モロン熱帯植物園のシーサンバンナの州都景洪から90kmほど離れたモロン鎮に設立された中国科学院雲南のシーサンバンナのモロン熱帯植物園です。900haの園内に約3000種の熱帯植物が植えられ、12つの専属エリアを分けられ、シーサンバンナのモロン熱帯植物園内には1700種は現地特有種で、沢山珍奇な植物物種が栽培しておりるので世界上有数な熱帯亜熱帯の植物の宝庫と褒められている。

  1999年より、モロン熱帯植物園内には熱帯植物の移植物保存や、資源植物の研究を行い、「万種植物園プロジェクト」が始めまった。元の4018種で、現在では1万種以上に増えた。中国雲南のシーサンバンナのモロン熱帯植物園は国家4A級観光区と全国科学普及教育基地に指定された。

熱帯植物園の入場券

  熱帯植物園入場券及び開放時間

  入場券:60元。

  開放時間:詳しくは名所の従業員に問合せする。

熱帯植物園の交通

  歩き方

  植物園へは景洪市からモンレンへのバスを利用して、モンレンで降り、運賃は8―10元。モンレンと植物園の間に羅梭江が流れている。道路で行くなら5kmがあり、釣り橋を渡って行くなら10分間かかる。但し、釣り橋は歩道だけなので、車は通れない。

熱帯植物園 観光ホテル

熱帯植物園 ホテル予約

ご予約 | 周辺観光地 | ホテルの地図| 中国格安ホテル | 上海万博 | 台湾ホテル |中国ホテル分布 |中国観光地ご案内 |中国観光ご案内 |签证
ご連絡: vhotel@163.com, Copyright 2004-2014 FreeDeal.cn Co.Ltd China Hotel Booking 滬ICP備05014255號